• HOME
  • 記事
  • 野球
  • 「オオタニにできないことはない!」大谷翔平の“俊足飛ばした二塁打”に米記者から感嘆の声!「ただただ美しい」<2021百選>

「オオタニにできないことはない!」大谷翔平の“俊足飛ばした二塁打”に米記者から感嘆の声!「ただただ美しい」<2021百選>

第3打席で足を活かして二塁打を放った大谷。そのスピードは現地の記者をも驚かせている。(C)Getty Images
2021年のスポーツ界における印象的なシーンを『THE DIGEST』のヒット記事で振り返る当企画。今回は、“二刀流”大谷翔平の快足に注目されたシーンをピックアップ。投打にとどまらず、持ち前の足の速さでもファンや関係者を沸かせた。

記事初掲載:2021年5月23日

―――◆―――◆―――

背番号17番が再び“足”で魅せた。

現地時間5月23日、ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は、本拠地で行なわれたオークランド・アスレチックス戦に「2番・DH」で先発出場。チームが2-6で敗戦した中でも、4打数2安打1打点を記録し、前日までの2試合連続ノーヒットから復調をうかがわせた。

【動画】スピードを落としてから急加速! 大谷翔平の速すぎる二塁打をチェック

この日の見せ場となったのは、6回裏2死無塁で迎えた第3打席。1、2打席と空振り三振に終わっていた大谷はクリス・バシットと対峙すると、インコースへのフォーシームを詰まりながらも弾き返した。その打球は二遊間を抜けてセンターへ。外野手が処理にもたつく間に、大谷は快足を飛ばして果敢に二塁へと到達したのだ。
このシーンを見ていたMLB公式サイトのサラ・ラングス記者は、大谷が見せた走塁スピードを秒速29.2フィート(約8.9メートル)と紹介。メジャーリーガーの平均は秒速27フィート(約8.23メートル)とのことで、それを上回る“俊足ぶり”に「とにかく速い!」と興奮気味にツイートした。

さらに、米放送局『FOX Sports』のアナリストを務めるベン・バーランダー氏は自身のツイッターに動画を掲載したうえで、「ただただ美しい」と称賛。米メディア『ピッツバーグ・スポーツ・ライブ』のマイク・アスティ氏も、「オオタニにできないことはあるのか?その答えはノーだ」と反応している。

その後も第4打席でタイムリー三塁打を放ち、4試合ぶりのマルチ安打をマークした大谷。依然としてチームはアメリカン・リーグ西地区の最下位に沈んでいるが、はたして今後の戦いで勝利につなげることはできるか。開幕から好調を維持する26歳(※現在27歳)の活躍に注目だ。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】“歴史的なシーズン”をホームランで締め括る!二刀流で大躍進を遂げた大谷翔平の2021年を厳選!

【PHOTO】世界が驚嘆する偉才・大谷翔平のキャリアを厳選ショットで一挙公開!花巻東、日ハム、エンジェルスでの活躍を振り返る

関連記事