• HOME
  • 記事
  • 卓球
  • 高2の高橋航太郎が25年ぶりにインハイ表彰台 “再び輝く名門校”実践学園卓球部に潜入

高2の高橋航太郎が25年ぶりにインハイ表彰台 “再び輝く名門校”実践学園卓球部に潜入

卓球インタビュー 高2の高橋航太郎が25年ぶりにインハイ表彰台 “再び輝く名門校”実践学園卓球部に潜入

2021.12.28 取材・文:山下大志(ラリーズ編集部)
実践学園高校が、今、再び高校卓球界で輝きを放っている。

エースの高橋航太郎(実践学園高2年)が、全日本選手権ジュニアの部でベスト8、インターハイでは男子シングルス3位に入り、ジュニアナショナルチームにも選出された。

インターハイシングルス優勝者の木方慎之介氏を輩出した頃の勢いを取り戻しつつある実践学園。水谷聡監督に話を聞いた。

実践学園
【実践学園高校卓球部】東京の卓球強豪校。2021年にはエースの高橋航太郎が全日本選手権ジュニアの部でランク入り、インターハイでは3位に入った。中学校も強く2021年の全国中学校卓球大会では男子団体3位に入賞。OBには実業団でも活躍した木方慎之介氏、並木佑介氏ら。このページの目次

  • [6 【特集】潜入・高校卓球部]()

“復活してきた”実践学園高校卓球部

写真:水谷聡監督(実践学園高校)/撮影:ラリーズ編集部
写真:実践学園高校の水谷聡監督 実践学園高校から明治大学を経て、卒業後すぐに卓球部のコーチとして母校に 約1年前に高校卓球部の監督に就任/撮影:ラリーズ編集部――エースの高橋航太郎選手を中心に全国でも上位を狙えるチームだと感じますが、監督としてはどう感じていますか? 水谷監督:当時の選手も頑張ってくれてはいましたが、一時期全国大会に出場できない、出場しても勝ち進めない、と少し低迷していました。 高橋を筆頭に周囲の見る目を変えてくれて、「復活してきたね」とか「最近いいね」と言われることも多くなってきました。

写真:高橋航太郎(実践学園高)/撮影:ラリーズ編集部
高橋航太郎(実践学園高) これが噂の“実践サーブ”――やはりエースの存在は大きいでしょうか? 水谷監督:高橋の個人戦での勝ち上がりや、団体戦での活躍は非常に大きいなと感じています。 ――何がどう変わって再び強くなったのでしょうか? 水谷監督:学校の方針で一時期寮がなくなり、地方から選手を取れなくなっていました。 再び方針が変わり、高橋、剣持(将作)ら小学生時代にナショナルチームに入っていた選手が実践学園に来てくれて、チーム全体の意識を変えてくれたと感じています。

剣持
写真:剣持将作(実践学園高校3年)/撮影:ラリーズ編集部
googletag.cmd.push(function() { googletag.display(‘div-gpt-ad-1579223839841-0’); });

関連記事