• HOME
  • 記事
  • 卓球
  • 筑波大・中田、ノーシードから4強入り 男女シングルスの王座は誰の手に<卓球・全日学最終日見どころ>

筑波大・中田、ノーシードから4強入り 男女シングルスの王座は誰の手に<卓球・全日学最終日見どころ>

大会報道 筑波大・中田、ノーシードから4強入り 男女シングルスの王座は誰の手に<卓球・全日学最終日見どころ>

2021.10.31 文:ラリーズ編集部
<第87回全日本大学総合卓球選手権大会 個人の部 日時:10月28日~31日 場所:埼玉県・所沢市民体育館>

30日、全日本大学総合卓球選手権大会は3日目を迎え、男女ダブルスの決勝戦と、男女シングルスの準々決勝までが行われた。男子ダブルスでは宮本春樹/田原彰悟(愛知工業大)ペアが、女子ダブルスでは岩越帆香/笹尾明日香(早稲田大)ペアが優勝を飾った。

3日目総括

宮本春樹/田原彰悟(愛知工業大)ペア
写真:宮本春樹/田原彰悟(愛知工業大)ペア/撮影:ラリーズ編集部男子ダブルス決勝には、宮本/田原ペアと西康洋/菅沼湧輝(明治大)ペアが登場した。宮本/田原ペアは準決勝で第2シードの宇田幸矢/戸上隼輔(明治大)ペアを3-1で下し決勝に進んできた。一方、西/菅沼ペアは中村光人/横谷晟(愛知工業大)のペアとのフルゲームの接戦を制し勝ち上がってきた。

西康洋/菅沼湧輝(明治大)ペア
写真:西康洋/菅沼湧輝(明治大)ペア/撮影:ラリーズ編集部試合は宮本/田原ペアが第1ゲームを、西/菅沼ペアが第2ゲームを取り1-1で並ぶ。そこから宮本/田原ペアが2ゲームを連取して3-1で勝利。インカレに続き、ダブルスでも愛工大が制す形となった。

岩越帆香、笹尾明日香
写真:岩越帆香/笹尾明日香(早稲田大)ペア/撮影:ラリーズ編集部女子ダブルス決勝には第1シードの岩越/笹尾ペアと、第2シードの木村香純/出澤杏佳(専修大)ペアが登場した。岩越/笹尾ペアは早稲田大対決を、木村/出澤はTリーガー対決を制して決勝まで進んできた。序盤は木村/出澤ペアがリードして第1ゲームを奪う。

しかし、第2ゲーム以降は岩越/笹尾ペアがラリーの主導権を握り、3ゲームを連取して優勝を収めた。女子でも、早稲田大の選手がインカレとダブルスを制した。

高見真己
写真:高見真己(愛知工業大)/撮影:ラリーズ編集部男子シングルスでは、準々決勝で第2シードの宇田が高見真己(愛知工業大)に敗れたほか、横谷が沼村斉弥(明治大)に勝利すると続く準々決勝で小野寺翔平(中央大)に勝利してベスト4入りを果たしている。ほかにも、ダブルス優勝の田原や、戸上が準決勝へと駒を進めた。

黒野葵衣
写真:黒野葵衣(早稲田大)/撮影:ラリーズ編集部女子シングルスでは、木村が順当に準々決勝で勝利を挙げ準決勝に進んだが、他の山では熱戦が繰り広げられた。ダブルスベスト4の黒野葵衣(早稲田大)は、出澤に勝利すると準々決勝では大川真実(愛知工業大)とのフルゲームの熱戦を制すなど、Tリーガーを次々と下してきている。

ダブルスで優勝を飾った笹尾は、準々決勝で岡田琴菜(愛知工業大)に敗れ、今大会で2冠は叶わなかった。

中田玲奈
写真:中田玲奈(筑波大)/撮影:ラリーズ編集部また、中田玲奈(筑波大)はシード下からスタートし、5回戦では信田ことみ(愛知工業大)に4-1で勝利、続く準々決勝では阿部里歩(國學院大)と2度のデュースを含むフルゲームの熱戦を繰り広げ、4-3でベスト4入りを決めた。

最終日となる31日には男女シングルスの決勝戦まで行われる。

関連記事