• HOME
  • 記事
  • 卓球
  • 全日本ランカーからTリーグ球団社長まで輩出 “卓球好き”が集い“地元密着”で戦う関西高校

全日本ランカーからTリーグ球団社長まで輩出 “卓球好き”が集い“地元密着”で戦う関西高校

卓球インタビュー 全日本ランカーからTリーグ球団社長まで輩出 “卓球好き”が集い“地元密着”で戦う関西高校

2021.09.26 取材・文:山下大志(ラリーズ編集部)
インターハイチャンピオンからTリーグの球団社長まで、様々な卓球人を輩出しているのが岡山県の関西(かんぜい)高校だ。

関西高校は、2003年のインターハイで白神俊佑/唐興賀ペアが男子ダブルス優勝を飾っている。現在、白神氏は現在中央大学卓球部男子の監督を、唐氏はTリーグ・日本生命レッドエルフでコーチを務めている。

また、Tリーグ・岡山リベッツの羽場誠社長も関西高校OBで、地元岡山でTリーグチームを立ち上げた形だ。岡山リベッツの白神宏佑監督も、卓球の試合をライブ配信する株式会社LaboLive代表取締役の雪本修一氏も関西高校OBと、指導者からビジネス面までも卓球界に様々な人材を送り込んでいる。

今回は、岡山まで足を運び、関西高校卓球部を取材した。

関西高校
【関西高校卓球部】インターハイ学校対抗には14年連続53回の出場、全国高校選抜には11年連続24回の出場を誇る岡山県の卓球強豪校。OBは、Tリーグ岡山リベッツ社長の羽場誠氏、監督の白神宏佑氏、卓球の試合をインターネットでライブ配信する株式会社LaboLive代表取締役の雪本修一氏、中央大学男子卓球部監督の白神俊佑氏、実業団リコーで活躍する郡山北斗らこのページの目次

  • [7 【特集】潜入・高校卓球部]()

関連記事