• HOME
  • 記事
  • 卓球
  • 卓球男子世界ランキング(2021年第37週)|アフリカ勢躍進 アルナ15位、アサール28位に

卓球男子世界ランキング(2021年第37週)|アフリカ勢躍進 アルナ15位、アサール28位に

卓球世界ランキング 卓球男子世界ランキング(2021年第37週)|アフリカ勢躍進 アルナ15位、アサール28位に

2021.09.15 文:ラリーズ編集部
国際卓球連盟(ITTF)は14日、2021年第37週の世界ランキングを発表した。2021年より世界ランキングは新方式となり、以前の月1回の更新から毎週火曜日に1回更新される形式に変更されている。

今回、9月1日~7日に開催されたアフリカ選手権大会により、アフリカ勢のランキングが変動している。

>>卓球女子世界ランキング(2021年第37週)|エジプトの13歳ゴーダ、ランク急浮上

このページの目次

  • [4 【連載】なぜ中国は卓球が強いのか?]()

アサール、アルナが上位に

アフリカ選手権では、オマー・アサール(エジプト)が男子シングルス優勝、クアドリ・アルナ(ナイジェリア)が準優勝の成績を収めた。その結果、アサールはランキングを8位上げ28位に、アルナは4つ上げ15位とアフリカ勢として上位に食らいついている。

写真:クアドリ・アルナ(ナイジェリア)/提供:ittfworld
写真:クアドリ・アルナ(ナイジェリア)/提供:ittfworldアルナはリオ五輪で、アサールは東京五輪でそれぞれシングルスベスト8に入っており、男子ではアジアやヨーロッパに次いでアフリカ卓球界も徐々に勢力を伸ばしつつある。

その他上位陣にはランキングの変動はなかった。世界トップ10、日本男子の50位までの選手は以下の通り。

関連記事