• HOME
  • 記事
  • 卓球
  • 勉学も卓球も一流を目指す慶應義塾大学 なぜスポーツ推薦なしでも実力者が集うのか

勉学も卓球も一流を目指す慶應義塾大学 なぜスポーツ推薦なしでも実力者が集うのか

卓球インタビュー 勉学も卓球も一流を目指す慶應義塾大学 なぜスポーツ推薦なしでも実力者が集うのか

2021.09.15 取材・文:山下大志(ラリーズ編集部)
ハイレベルな関東学生卓球リーグの2部校の中で、唯一スポーツ推薦なしで戦うのが慶應義塾大学だ。

全日本大学総合卓球選手権大会・団体の部(インカレ)に毎年のように出場している。今年の大会でも、予選リーグの東北福祉大戦で0-2から劇的な逆転勝ちを収め、予選を突破した。

レギュラー陣では、主将の林亮宏、副将の窪田直希は、慶應義塾高校からの内部進学組で、インターハイでは学校対抗ベスト16に入っている。3年の岡本優一は桐蔭学園高校から理工学部にAO入試で、2年の田坂宗次郎は広島県・武田高校から一般入試でそれぞれ進学しており、ともに全日本ジュニアやインターハイ出場経験も持つ。

写真:林亮宏(慶應義塾大学)/撮影:ラリーズ編集部
写真:インターハイシングルスベスト32の実績も持つ林亮宏(慶應義塾大学)/撮影:ラリーズ編集部なぜ慶應義塾大学にはスポーツ推薦がなくとも各地から実力者が集い、全国でも勝ち続けられるのか。

卓球部の魅力や強さの秘訣を探るべく小島威裕監督と選手らに話を聞いた。

慶應義塾大学
【慶應義塾大学卓球部】1928年創部、1937年に体育会に加入。現在は関東学生リーグ2部に所属する名門校。男子は全日本大学総合卓球選手権大会・団体の部(インカレ)に毎年のように出場しており、2021年大会では予選リーグを突破しベスト32。卒業生の進路も大学院、大手飲料メーカー、大手広告代理店、コンサルなど多岐に渡る。株式会社ラリーズの代表取締役・川嶋弘文も慶應義塾大学卓球部OB。このページの目次

  • [7 取材動画はこちら]()

関連記事