• HOME
  • 記事
  • サッカー
  • 「W杯」ドイツ戦大金星のきっかけはやはり三苫薫、日本に勢いをつけた「MITOMA TIME」
三苫薫,サッカー

「W杯」ドイツ戦大金星のきっかけはやはり三苫薫、日本に勢いをつけた「MITOMA TIME」

写真:三苫薫(提供:なかしまだいすけ/アフロ)
11月23日、サッカー日本代表が優勝候補のドイツに2-1の逆転勝利を収めた。

まさに歴史的な勝利となったこの一戦では、同点ゴールの堂安律と逆転ゴールの浅野拓磨がヒーローとなったが、その逆転劇のきっかけを作ったのはやはり三苫薫だった。

前半は完全に戦術の駆け引きで後手に回った日本

やはり日本代表の選手たちはドイツ代表の選手たちとは差があるが、その差はそれほど大きくはない。

防戦一方だった前半だけを見ると、「まだまだ日本は世界と戦えない」と思ってしまう。

しかし、前半はあくまでも戦術的な駆け引きで後手に回っただけで、実際はそこまで大きな差があるわけではない。

鎌田大地が「前半はドイツをリスペクトしすぎた」と語ったように、内容の差は実力差と比例はしていない。

3バックに変更し日本は本来の良さを発揮

前半はドイツ代表の左SBダビド・ラウムのポジションに翻弄された日本。

森保監督は後半からワールドクラスの冨安を投入し、3バックに変更する。

この変更が見事的中し、日本はサイドで起点が作れるようになり、何度もチャンスを作る。

関連記事