サッカー,W杯,ワールドカップ,南野拓実

森保ジャパンのエース、南野拓実 死の組の活路は10番に託された

写真:Andrew Kearns – CameraSport/Getty Images

2022年11月から行われるカタールワールドカップ(W杯)で日本はE組に入り、ドイツ、スペインといった世界の強豪国を相手に戦いを挑む。そこで、サムライブルーの一員として本大会での活躍が期待される選手たちにスポットを当てて、そのキャリアを振り返っていきたい。

今回紹介するのはイングランドのリヴァプールから今夏フランスの名門モナコに移籍を果たし、本大会では日本のエースとして背番号10を背負うことが期待される南野拓実だ。(文・井本佳孝)

名門リヴァプールへの扉を切り開く

リバプール、イングランド - リバプールフットボール,アンフィールスタジアム,イングランドで6番目に大きいサッカースタジアム,
写真:gianliguori

1995年生まれの南野は中学生の時にセレッソ大阪の下部組織に入団し、2012年にトップチームでデビューした。トップチームへの昇格を果たした翌2013年シーズンにはルーキーながらチームの主力として活躍し、Jリーグベストヤングプレーヤー賞に輝く。国内でも期待の若手としてその存在が注目されるようになった。

南野は2015年1月にオーストリアの強豪ザルツブルクに移籍を果たし欧州でのキャリアをスタートさせる。約5シーズンにわたりプレーしたザルツブルクでは、二桁ゴールを複数回達成するなどフィニッシャーとしての能力を開花させた。チームの5度のリーグタイトルに貢献しチャンピオンズリーグ(CL)やヨーロッパリーグ(EL)といった欧州最高峰の戦いも経験するなど、充実の時間を過ごした。

そんな日本人のアタッカーに目をつけたのがイングランドの名門リヴァプールだ。CLでユルゲン・クロップ監督率いる相手に目覚ましい活躍を見せた南野は、2020年の1月にプレミアリーグ挑戦の切符を掴み取る。モハメド・サラー、サディオ・マネ、ロベルト・フィルミーノと世界でも屈指の破壊力を誇る“フロントスリー”を相手に欧州でも最高峰のポジション争いに身を置くこととなった。

関連記事