伊東純也,サッカー,サッカーワールドカップ,W杯

「遅咲きアタッカー」伊東純也 カタールでの躍動に期待

写真:Etsuo Hara/Getty Images

2022年11月から行われるカタールワールドカップ(W杯)で日本はE組に入り、ドイツ、スペインといった世界の強豪国を相手に戦いを挑む。そこで、サムライブルーの一員として本大会での活躍が期待される選手たちにスポットを当てて、そのキャリアを振り返っていきたい。今回紹介するのは日本のW杯出場の立役者の一人であり、11月の本大会でも中心選手として活躍が期待されるフォワード・伊東純也だ。(文・井本佳孝)

関東大学リーグを経てプロ入りした遅咲き

サッカー,W杯,ワールドカップ

今や日本代表になくてはならない存在に成長した伊東だが、そのキャリアはエリートと呼べるものではなかった。公立校である逗葉高校から関東大学リーグの神奈川大学に進み、ここでの活躍が認められ2015年にヴァンフォーレ甲府に加入する。22歳からとなったプロキャリアの始まりでルーキーシーズンからレギュラーとして出場し、30試合の出場で4ゴールと結果を残す。

伊東の名が知られるようになったのが2016年に柏レイソルに加入してからのことだ。右サイドバック、右サイドハーフとして起用されると、後期には右ウイングとしてポジションを確固たるものにして存在感を示す。翌2017年シーズンは全試合出場を果たし、Jリーグ優秀選手賞に輝く活躍で日本代表入りも果たす。2018年シーズンもチームはJ2降格してしまったが、伊東自身は右サイドを疾走するアタッカーとして存在感を発揮し、全試合出場を達成した。

そんな伊東に目をつけたのが、かつて元日本代表の鈴木隆行も所属したベルギーのヘンクである。2019年冬に期限付き移籍すると、シーズン途中の加入という難しい状況ながらポジションを掴む。14試合出場で3得点2アシストと及第点の働きを見せてヘンクのリーグ優勝に貢献した。4、5年前には大学2部のカテゴリーでプレーしていた選手がチャンピオンズリーグ(CL)という世界最高峰の舞台でのプレーを経験することになった。

ベルギーで進化した攻撃力

迎えた2019-2020年シーズンはCLではリヴァプールやナポリといった世界の名門を相手に経験を積み、ベルギーリーグでも右ウイングのレギュラーとしてシーズンをフルで戦った。冬には完全移籍での契約を勝ち取ると、6得点9アシストの活躍を見せた。さらに2020-2021年シーズンはヘンクにおいて攻撃のキーマンの一人として12得点16アシストと圧巻のスタッツを記録。シーズンベストイレブンにも選出され、ベルギーで絶対的な存在に成長を果たした。

伊東の持ち味は前を向いたら止めるのが至難の技ともいえる爆発的なスピードだ。右サイドでボールを受けると、相手DFお構いなしとばかりに縦へ勝負を仕掛け、クロスを供給する。日本のJリーグ時代はサイドからクロスを供給するクロッサーとしての印象が強かった。しかし、ヘンクに移籍してからの伊東は中へカットインして味方とのコンビネーションを生み出したり、左足での豪快なシュートに繋げるなどプレーの幅を大きく広げた。この進化がベルギーで得点やアシストが増加した要因となっている。

日本ではトップクラスの右サイドアタッカーに君臨する伊東だが、ベルギーからのステップアップも噂されている。リーグのカテゴリーを上げた時にその持ち味を消さずに生き残っていけるのかは興味深い。右サイドを得意とする右利きのアタッカーは世界に目を向ければセルジュ・ニャブリ(バイエルン・ミュンヘン)、ジェイドン・サンチョ(マンチェスター・ユナイテッド)といった選手たちがいる。ニャブリはW杯でもドイツの主力として出場が予想され、このアタッカーの存在は世界を知るための一つの物差しとなるかもしれない。

関連記事