堂安律,久保建英,サッカー

久保、堂安…注目選手たちは新天地で飛躍を遂げるか?注目の移籍先を解説

欧州サッカーでは移籍シーズンを迎えているが、活発な動きを見せているのが日本代表の選手たちだ。11月にカタール・ワールドカップ(W杯)を控え、ドイツ、コスタリカ、スペインという強国との戦いを前にして、出場機会を求めての移籍や、より高いレベルに身をおいての移籍が目立っている。森保一監督率いる日本代表に選ばれ、さらに世界の舞台で活躍することを目指すために。気になるサムライブルーの選手たちのこの夏の動向を追う。(文・井本 佳孝)

>>吉田、南野…サムライブルーの選手たちの新天地での活躍は?注目の移籍を解説

堂安律(PSV→フライブルク)

堂安律,サッカー,ワールドカップ,W杯
Photo by Etsuo Hara/Getty Images

森保ジャパンには2018年の発足当時から選ばれ主力を務めた時期もあったが、伊東純也の飛躍もありレギュラーを奪われていた。合計2シーズンを過ごしたオランダの名門PSVを離れる決断をし、新天地に選んだのはフライブルクだ。PSVからのレンタルで1シーズンプレーしたビーレフェルト時代以来、2年ぶりとなるドイツ・ブンデスリーガでの戦いに挑むこととなった。

ビーレフェルト時代はリーグ戦34試合に出場し、チームトップの5ゴールを挙げるなど主力として1シーズン戦った経験があるのはポジティブな要素で、本人も新しい挑戦を前向きに捉えているはずだ。フライブルクでは得意の右ウイング、または中央でのプレーが想定されるが、昨季6位に入りヨーロッパ・リーグ(EL)に出場するチームにおいてレギュラーポジションをつかめるか。W杯初戦でドイツとの対戦を控えた中で、ブンデスリーガで自身の存在を証明した上で、代表でのポジション争いにも勝ち抜きたいところだ。

三笘薫(ユニオン・サン=ジロワーズ→ブライトン)

三苫薫,サッカー
Photo by Pablo Morano/MB Media/Getty Images

日本代表がカタール行きを決めたアジア最終予選のオーストラリア戦で2ゴールを挙げる活躍を見せ、日本のカギを握るプレイヤーとして存在感を高めている三笘。ブライトンからレンタルでプレーしたユニオン・サン=ジロワーズでは徐々に出場機会を得ると左WBという川崎フロンターレ時代から1つポジションを下げた新境地を開拓した。27試合に出場し7ゴールと海外1年目から結果を残した。

欧州仕様の守備力と球際の激しさを吸収した25歳は所属先であるブライトンに戻り、プレミアリーグで新たなシーズンを過ごすことになった。イングランドの地でさらなる成長を求めて戦う三笘は、ブライトンでもベルギーと同様に左WBでの起用が予想される。プレシーズンマッチでいきなりゴールを奪うなど上々の滑り出しをみせており、8月7日に開幕を迎えるマンチェスター・ユナイテッドとの開幕戦でプレミアデビューを果たせるか期待がかかる。日本代表の左サイドの崩しのキーマンとして、さらなるアップデートを果たしW杯本大会を迎えたいところだ。

関連記事