• HOME
  • 記事
  • サッカー
  • サッカーは何人で行うスポーツ?ベンチに座る選手の人数や交代可能人数などを解説!

サッカーは何人で行うスポーツ?ベンチに座る選手の人数や交代可能人数などを解説!

サッカー,何人

サッカーというスポーツに詳しくない人からすると、「サッカーってたくさん選手がグラウンド内にいるけど1チーム何人なの?」と疑問に思ったりもすることでしょう。

さらに、「最近子供のサッカーの試合を観に行ったけど、大人のサッカーよりも人数が少ないように感じた」というケースもあるはずです。

実はサッカーは子供から大人まで全く同じルールで行われているわけではありません。

そういった違いを知ることができると、楽しく観戦できるようになるはずです。

この記事では、そんな「サッカーは何人で行うスポーツなのか?」「ベンチに座る選手の人数や交代可能人数は?」といった疑問について解説していきたいと思います。

サッカーは何人で行うスポーツなのか?

結論から先に言えば、サッカーは基本的に「11人制」のスポーツです。

ペナルティーエリア内であれば手を使ってプレーできる「ゴールキーパー」を除く10人は手以外の部位(主に足)を使って相手のゴールにボールを入れたり、自分たちのゴールに入れられないように守ったりします。

しかし、「基本的に」と言ったのは、年代によって11人制ではないケースがあるからです。

詳しく解説していきましょう。

中学生以降は11人制

中学生以上の練習試合や大会では、11人制となっています。

11人制の場合には、フィールドの大きさもかなり広くなります。

オリンピックやワールドカップといった大きな大会の場合は、「105メートル×68メートル」という大きさに定められています。

フィールドのサイズは、縦90~120メートル、横50~90メートルとかなりサイズに違いがあるのですが、大抵は「105メートル×68メートル」に近い大きさで行われます。

小学生年代は8人制

小学生年代の場合は、11人制ではなく8人制の練習試合や大会が主流となっています。

このルールは、「子供達のボールに関わる時間を増やす(すなわちプレー回数を増やす)」という目的で2011年から導入されました。

8人制になったことで、より子供たちの実践経験は大幅に増え、現在の日本サッカーの発展に大きく影響を及ぼしたと言えるでしょう。

フィールドのサイズは、「縦68メートル、横50メートル」という大きさです。

稀に11人制の試合も行われますが、その際は「縦80メートル、横50メートル」となります。

関連記事