サッカーでヘアバンドを付ける選手が増えた理由とは?

サッカー,ヘアバンド

サッカーを観戦する時は、選手たちのプレーに注目するのは当たり前ですが、選手たちの履いているスパイクや髪型といったプレー以外の部分に注目する人も多かったりします。

そんな中、最近目に付くようになっているのが「ヘアバンド」です。

「え?ヘアバンドなんて付けている選手いるの?」と思う人もいますが、ここ数年で着用している選手が非常に増えていたります。

いったいなぜヘアバンドを着用する人が増えたのでしょうか?

この記事では、そんな「サッカーでヘアバンドを付ける選手が増えた理由」について解説していきたいと思います。

ヘアバンドを着用しているプロ選手

ヘアバンドに着目してみると、意外に付けている選手が多いことに気が付きます。

40代以上のサッカーファンであれば、元アルゼンチン代表のカニーヒア選手を思い出す人も多いはずです。

過去の選手で言えば、デイビット・ベッカム選手やバティストゥータ選手などが挙げられますが、近年では着用選手が非常に増えてきています。

・ネイマール選手

髪の毛は短いですが、太めのタイプのヘアバンド(ナイキ)を付けることが多く、若い頃は細めのヘアバンドを付けていましたよね。

・ハーランド選手

髪の毛が長めの次世代NO.1ストライカーもヘアバンドを付けてプレーしています。

髪の毛をピッチリとセンター分けしているのが非常に特徴的です。

・モドリッチ選手

バロンドーラ—であるモドリッチ選手も、長髪なので昔からヘアバンドを付けています。

そのほとんどが黒く細めのヘアバンドとなっています。

・クリスティアーノ・ロナウド選手

バロンドールを5回も受賞しているクリスティアーノ・ロナウド選手もそれほど髪の毛は長くありませんがヘアバンドを着用してプレーしています。

カラーは黒が多いようです。

・柴崎岳選手

日本代表のボランチとして長らく活躍している柴崎選手も長年ヘアバンドを着用しています。

イケメンとヘアバンドは非常に合いますよね。

・南野拓実選手

柴崎選手と同じレベルのイケメンである日本のエースも、長らくヘアバンドを着用しています。

黒のヘアバンドが多いですが、白いヘアバンドを着用することもあります。

・久保建英選手

短髪の久保選手もまれにヘアバンドを着用することがあります。

日本の至宝は、髪の毛から滴る雨水を防ぐために着用しているそうです。

・遠藤保仁選手

日本代表歴代最多キャップを誇る遠藤選手も、長らくヘアバンドを着用しています。

フリーキックを蹴る前には必ずと言っていいほどヘアバンドの位置を直していますよね。

関連記事