• HOME
  • 記事
  • その他
  • 【日本代表/WEB取材】フィクソとして、チームを支えた上村充哉。「アルトゥールにはない良い部分が自分にはある」

【日本代表/WEB取材】フィクソとして、チームを支えた上村充哉。「アルトゥールにはない良い部分が自分にはある」

フットサル日本代表の上村充哉が、AFCフットサルアジアカップ2022東地区予選の総括を行った。

5月18日の香港戦から4日連続で試合が行われる超過密日程のなか、4連勝で本大会出場を決めた日本代表。4試合で42得点(3失点)、さらには選出された14選手全員がゴールを奪う快挙を達成するなど、東アジアで圧倒的な強さを見せつけた。

最終戦となったチャイニーズ・タイペイ戦の翌日、上村がオンライン会見に出席。フィクソとしてチームを支えた今大会を振り返っている。

シュートに持ち込む流れを意識した

上村充哉(フットサル日本代表)

──アジアカップ東地区予選を終えての感想と振り返りを。

チームが目標にしていたアジアカップの出場権獲得と1位通過を達成できてよかったです。個人的には、相手が引いてくるなかで得意なシュートを決める場面もあり、非常によかったと思っています。

──元々は攻撃的なアラの選手でしたが、ここ数年はフィクソでもプレーしています。木暮ジャパンでもフィクソとして後ろからの球出しなどが多く見られました。フィクソとしての手応えは?

アスレの1年目からフィクソをやっていたので、多少の慣れはあります。アルトゥールと比べると足りない部分は多いですが、アルトゥールにはない良い部分が自分にはあると思っています。そこを出していければいいかなと。得意とする左足のシュートは出せていたのでよかったと思います。

──今回の予選では、相手のレベルもあってボールを長く持つ状況だった。攻撃面で良かったところや守備面の手応えは?

シュートの部分と、フィクソから攻撃がスタートするオープニングの部分。僕のセットには両サイドで仕掛けられる選手がいました。彼らがプレーしやすいようにサポートしながら、自分はシュートに持ち込む流れを意識しました。まだ足りない部分もありますが、試合に勝つなかで成長できればいいと思いますし、それができてよかったです。

ディフェンスについては、個人的にインターセプトが課題だと感じています。監督コーチとミーティングして、徐々にいい部分が出てきたので、自チームでも引き続き取り組んでいきたいと思います。

──ブルーノ・ガルシア監督時代も代表に呼ばれていましたが、定着することはできませんでした。木暮ジャパンでどう自分の立ち位置を作っていくつもりですか?

年齢も年齢なので、今大会はチームを引っ張っていくつもりで臨んでいました。

──アジアカップ本大会では、アジアの強豪と戦います。国際大会、アジアの中で自分がやっていくために伸ばすところは?

ストロングポイントの左足のシュートやパスをさらに伸ばすこと。フィクソから攻撃が始まることが多いので、オープニングやアラを生かすサポートももっと磨きをかけていきたいと思います。

──大差をつけて勝利し、気持ち良い帰国となりました。すぐにオーシャンカップやリーグが開幕しますが、今シーズンは立川アスレティックFCとして初めてのシーズンになります。どういう戦いを見せたいですか?

昨季、選手権で優勝することができました。リーグで優勝したいという思いはずっと持っています。また、優勝した次のシーズンはすごく大事で、ファンのみなさんはすごく期待してくれています。リーグ戦でいい結果を残せるようにやっていきたいです。立川アスレとしての1年目。正直あまり変化はないですが、外から見ると変化は大きい。いい結果で締めくくりたいと思います。

──ユニフォームのカラーも変わります。青いユニフォームに袖を通した感想は?

自分は青は似合わないと思いました(笑)。

──アスレファミリーの金澤空選手や黒本ギレルメ選手、かつて所属した内田隼太選手や堤優太選手と同じセットでプレーしていました。彼らも含めて自分たちが次の日本代表だという思いが強いのでは?

それは彼らも思っているでしょう。アスレでやってきたことはいいものだったよと、日本にも世界にもみせられる。アスレファミリーで頑張りたいです。

──日本代表でも主力として活躍したアスレの3人がいるチームなら、Fリーグで優勝が狙えるのでは?

そうですね。若手が成長してきたと思います。今日の会見には(アスレOBの渡邉)知晃さんも出席されていますが、ベテラン選手や監督、コーチ含めて皆さんのお陰で、今の若手や中堅が育っているので。このチームなら優勝を狙えると思っています。

▼ 関連リンク ▼

<< 前の記事へ

次の記事へ >>

▼ 関連記事 ▼

▼ tag list ▼

一覧へ戻る

yadsRequestAsync({yads_ad_ds:’67170_579602′,yads_parent_element:”ad67170_579602″});yadsRequestAsync({yads_ad_ds:’67170_579603′,yads_parent_element:”ad67170_579603″});

関連記事