• HOME
  • 記事
  • その他
  • 【オーシャンカップ試合後会見/3位決定戦】古巣・町田との試合に臨んだ岡山孝介監督。「特別なものはありません」

【オーシャンカップ試合後会見/3位決定戦】古巣・町田との試合に臨んだ岡山孝介監督。「特別なものはありません」

6月5日、Fリーグオーシャンカップ2022の3位決定戦が駒沢オリンピック公園屋内球技場で行われた。しながわシティはペスカドーラ町田と対戦し、開始2分のうちに2点を決めた。しかし第2ピリオド、町田に2点を返され、延長戦で勝ち越しを許してしまい逆転負け。パワープレーなどで最後までゴールを狙ったが追いつけず、2-3で試合は終わってしまった。

試合後、しながわの岡山孝介監督とキャプテンの白方秀和が記者会見に出席し、試合を振り返った。

しながわ 2(前半2-0、後半0-2、EX0-1) 町田
1′OG
2′チアゴ
26′荒川勇気
38’日根野谷建
41’伊藤圭汰

選手はすごく体を張って頑張っていた

岡山孝介監督

──今日の試合を振り返って。

昨日、今日と延長戦までもつれる中で選手はすごく体を張って頑張っていたので、勝たせてあげられなかったことが残念で悔しく思っています。

──非常に見応えのある試合でした。岡山監督にとっても古巣で、なおかつ、甲斐修侍監督が率いるチームが相手ということへの思いはありましたか?

甲斐さんがどういうフットサルが好きかを知っていますし、共通する部分もたくさんあったので、今シーズンどういうフットサルをするか興味があります。ただ、古巣だからどうこうというのは全くないです。全ての試合に勝たなければいけないと思っているので、特別なものはありません。

──選手一人ひとりのクオリティの高さが伝わったと思う。「環境がいい」と言われているしながわは、改めてどういう練習環境で、フィジカルトレーニングなどはどうしているのでしょうか。

「環境」と言っても、どこからどこまでというところもあると思いますが、練習場は点々としていますし、20m×40mのコートを取れる機会のほうが少ないです。現時点で言えば、練習環境が必ずしもいいということはないと思います。

──フィジカルは選手が個人的に鍛えている?

そうですね。使用できるジムがあるのでそこでやったりしています。他にもスポーツジムに行ってやっている人もいます。チームでまとまってということはできていません。

──しながわには今、左利きの選手がいません。パワープレーでも通常、右サイドに左利きを置いて角度のついたパスを狙ったり、シュートを打っていくが、そうした形がないなかで、遠目から狙うシーンも少ない印象です。どんな狙いだったのでしょう。

遠目から打つこともポイントの一つですけど、それをさせないようなディフェンスをされたのでうまく崩せなかったですね。

──町田のディフェンスは右利きの右足から切るようなイメージで、明確に整理して守れていた印象です。そこから角度のあるパスなどを通せなかったように感じます。

左利きがいないから切りやすいということは関係がありません。そこ(右手前)から斜めに向かってシュートやセグンドへ通すことはありますけど、それ以外の形はたくさんありますし、中村友亮や佐藤建也は左でもいい折り返しができます。練習試合を含めてかなり点を取れています。もちろん、左利きの選手がいるに越したことはないですけど、現状はいません。ですが、それほど悪いものではないと思います。

守備としても強くいかないと

白方秀和

──今日の試合を振り返って。

まだ整理がうまくついていないですが、ゴール前のこぼれ球などをもっと反応する。あとは守備としても強くいかないといけないなと。そういう話もしていた中でやられてしまった。

▼ 関連リンク ▼

<< 前の記事へ

次の記事へ >>

▼ 関連記事 ▼

▼ tag list ▼

一覧へ戻る

yadsRequestAsync({yads_ad_ds:’67170_579602′,yads_parent_element:”ad67170_579602″});yadsRequestAsync({yads_ad_ds:’67170_579603′,yads_parent_element:”ad67170_579603″});

関連記事