『松坂世代』ライターが見た、松坂大輔の“本音“と”気遣い“

“平成の怪物”松坂大輔が引退した。

1998年、横浜高校のエースとして甲子園春夏連覇。劇的な試合の連続で、日本中を熱狂させたのを皮切りに、プロ野球でも入団から3年連続最多勝と鮮烈なデビューを果たし、誰もが認める日本のエースに君臨した。

日本シリーズ制覇、ワールドベースボールクラシックでは2大会連続MVPで日本の優勝に貢献、MLBでもワールドシリーズ制覇を成し遂げるなど、数々のタイトルを手にしてきた。

しかし、長く野球界を牽引してきた怪物投手も晩年は故障に苦しみ、とくに日本球界復帰後は思うような投球が出来ないまま、2021年10月19日の引退試合を最後に、現役生活に別れを告げた。

2003年に松坂を中心とする同級生たちの人間模様を描いた群像劇『松坂世代』(河出書房新社)。17年を経て刊行された続編の『松坂世代、それから』(インプレス)。2冊のスポーツノンフィクション小説の著者である矢崎良一氏は、松坂の引退に何を思ったのだろうか。

■クレジット
文=矢崎良一
写真提供=インプレス

■目次
「松坂世代と言われるのは好きではなかった」
取材中止を覚悟した日
同世代の引退は「落ちる」
いつか、『松坂世代、あれから』を

関連記事