田中麻衣が、現役CAとビーチバレーを両立できている理由。

CA(キャビンアテンダント)としてお仕事を続けながら、現役のビーチバレーボール選手として活躍中の田中麻衣。今週末の10月24日(土)、25日(日)に行われるJVAサテライト品川SBAシリーズ第5戦・平塚大会にも出場予定だ。

ビーチバレーに出会ったのは27歳

――田中さんのスポーツの経歴を教えてください。

途中多少のブランクはあるのですが、小学4年生から高校3年生までインドアのバレーボールをやっていました。はっきりとは覚えていませんが、父親も母親もバレーボールをやっていたので、その影響を受けて始めたのだと思います。短大に進学してからは部活ではなく、サークルでバレーボールを続けていました。社会人になってからは、先輩に紹介されて会社のバレーボール部にしばらく所属していました。しかし週1回しか練習はできなくて、試合も年間で1、2回ほど区大会に出場する程度だったので、高校時代ほど熱くはなれず、私自身がそこまで真剣には取り組めないというのもあって、1年で止めてしまいました。それでこれからどうしていくか悩んでいたところでビーチバレー(ボール)に出会いました。

――ビーチバレーにはどういった経緯で出会ったのでしょうか。

21歳で会社には入り、ビーチバレーに出会ったのは27歳の時でした。それまではチームを探したりして、インドア(バレーボール)の道を模索していました。

そんな時、会社のバレーボール部にいた同期がビーチバレーを少しやっていて、誘ってもらったことがきっかけです。それで初めは遊び程度で誰でも出られるローカルの大会に出てみようという話になりました。

――一番初めにやった時のことを覚えていますか。

その大会に出る前に一度、ビーチに行って練習をした時に初めてビーチバレーに触れたのですが、真面目に空振りしましたよ(笑)スパイクを打とうと跳んだのですが、砂で足を取られてタイミングがズレたんです。あまりにできなくてショックでしたし、恥ずかしかったです。側からみたらバレーボール初心者に見えたかもしれません。ビーチバレーは思い通りにできないという難しさに対して、悔しい!と思って続けるか、そこで諦めてしまうか、すごく分かれる競技だと思います。

田中麻衣

――その難しさの中で田中さんをビーチバレーに駆り立てたものは何だったのでしょうか。

スポーツ選手は誰でもそうだと思いますが、私も負けず嫌いな性格ですし、バレーボールもある程度のレベルでやってきていたので、悔しかったのでしょう。あとは誘ってくれた同僚の周りの環境にすごく魅力を感じたというのもあります。別の人から誘われていたら、もしかしたら続けていなかったかもしれません。

できるようになるまでは楽しいと思ったことはなくて、悔しさの方がずっと上回っていました。楽しいと思えるようになってきたのはつい最近です。競技を始めてから4~5年経って、初めてこの前の大会でベスト4まで勝ち上がることができました。そこまで行って初めて勝つ楽しさを味わえるようになってきました。それまでは思い通りにならないことが多すぎて、ただがむしゃらにやってきたという感じです。

――特にどのようなところが思い通りにいかなくて、悔しいのでしょうか。

やはり砂場との戦いですね。そこがうまくできなくて悔しい思いをしてきました。人数の違いなども難しい部分ではありますが、そこはもはやインドアとビーチバレーでは別の競技だと思って取り組むようにしています。インドアの感覚でビーチバレーをやっているとうまくいかないですからね。

風についても同様です。強い風が吹く中だと、経験豊富なベテランチームにはなかなか勝てないです。ビーチバレーは雷が鳴らなければ強風でも大雨でも基本的にはやります。

悪天候の場合、海外の選手は試合開催について意見することもあるようです。

――田中選手はどのようなコンディションがやりやすいですか。

跳びやすくなるので砂は固い方がいいです。海外の砂に一番近く、砂場が深いと言われている川崎マリエンで久々に練習をしたりするとなかなかうまくできなかったりするんです。そういう場所でやる時、踏み込みは特に意識してやらないといけません。逆にお台場は比較的固くてやりやすいですね。ただ私がやりやすくなるということは他の選手もやりやすくなるということになるので、どちらとも言い難いというのが本音でしょうか。

――普段はどこで練習することが多いですか。

今年は大学生とペアを組むことが多かったので、その選手の所属先である産業能率大学の専用ビーチコートによく行っていました。あとは先ほどの川崎マリエン、お台場の他、昔は平塚の方でも練習していました。

――田中さんはペアを変えることが多いですか。

昨シーズンは年間通して同じ選手と組んでいましたが、今シーズンは色んな選手と組ませて頂いています。

――田中さんはどういった選手と組みたいですか。

ブロッカーなので、レシーバーの選手が基本的には合うと思います。また、たくさん声を掛け合い、会話をしながら試合が出来る選手がいいですね。これまでの経験から、しっかりとお互いの意見を言い合える事がとても大切だと感じています。

田中麻衣

――ビーチバレーの魅力はどういったところでしょう

インドアとは違って、すぐそこにトップ選手や日本代表選手がいることは大きな魅力の一つだと感じます。日本国内では特に競技人口が少ないというのもあると思いますが、私のようなアマチュア選手がそのような選手たちと同じ大会に出られるという点は他の競技ではなかなかないことで、日本代表という存在に手が届くのではないかという希望さえ抱かせてもらえます。また、ビーチバレーは練習した分、トレーニングした分実力が付いたと実感出来るのもいいところですね。

あとはやはり環境ですかね。ビーチという場所、雰囲気、そして音楽、試合にDJが入ると選手もテンションが上がります。海外では観客の皆さんもノリノリで踊りながら観戦したりと、とても人気のスポーツなんですよ。

――競技を続ける上でモチベーションになりますよね。

ビーチバレーがすごく頭を使う競技であるということもあります。実力が同じであっても、駆け引きや戦術によって結果は大きく変わってきます。例えば声を出して指示を出した方向とは違うところに打つ、といったフェイクを使ったりもします。

競技が仕事に影響することはあってはならない

――今まで競技を続けてきて、一番印象に残っていることを教えてください。

日本のビーチバレーの大会はレベルの高い順にシリーズA、その次にツアー、そしてサテライトというものに分けられます。サテライト大会で上位の成績を残しポイントを重ねていくと、ツアー等の大会に出ることが出来ます。

私はアマチュアとして、まずはサテライトで優勝するということを目標にやってきました。しかし最近まで、最高で5位という成績しか残したことがありませんでした。ただ今年の9月、サテライト大会で初めてベスト4の壁を破ることができたんです。その時には感極まって泣いてしまいました。本当にその壁は厚く、今まで何度も挑戦してきていましたが、越えられずにいたんです。勝ち進んでくるとレベルとしては同じくらいの相手との対戦になるのですが、フルセットの末破れたりして、悔しい思いをたくさんしてきました。その壁を破ったことは忘れられないです。

その大会では最終的にもう1つ勝って決勝に進み、準優勝することができました。でもやはりその感動よりもベスト4に進めたことが私にとっては大きかったです!

――反対に辛かったことを教えてください。

昨年8月にビーチバレージャパンという日本で一番大きな大会がありました。前日にロサンゼルスへのフライトから帰国し、夜20時くらいに家に着いて、次の日にその大会に出て、3試合こなしたというのはきつかったです!全身つりました(笑)そんな経験は初めてでしたね。普段は1日2試合のことがほとんどなので、試合数自体も多い方です。ただ、2勝1敗で次の日に勝ち進むことができた時には達成感がありました。

競技が仕事に影響することはあってはならないので、休みを有効に使って取り組むようにしていますが、仕事があることによって、競技に万全の形で臨めるとは限らないので、なかなか難しいですね。万全の状態で他の選手は試合に出場してくるので、それに比べて劣ってしまうところがあるのはもどかしい部分です。

――そうなるとトレーニングをする時間もなかなか取れないですよね。

そうですね。でも自分の中で無理をしないというのをモットーにやっています。無理をしてしまうと競技も仕事も何もかも崩れてしまうので、できる範囲でやることを心がけています。本当は休みの日も詰めてやればトレーニングもできるのかもしれません。しかし、それをしてしまうと体が持たなくなってしまうので、特にシーズン中は練習の方に重きを置いて、トレーニングはあまりせず、時間ができたら体のケアをすることで仕事に備えるようにしています。本当は満足に練習もできていなくて、休みの日にある試合と仕事を繰り返すような日々を送っています。今年は大会も多いので、できても試合の前日練習くらいですね。そこでいかに集中して取り組めるか、ということは意識しています。結局メリハリが重要だということです。

――競技と仕事を両立させる難しさがある中で、田中さんがビーチバレーに熱くなれる理由はどのようなところにあるのでしょうか。

たくさんありますが、その中の1つとしてこのように興味を持って取材をしてくださる方がいるというのはあります。私の記事がより多くの人に見られることで競技に興味を持ってもらいたいですし、ビーチバレーの普及に携わっていきたいという気持ちは常に持っています。あとは働く仲間にも良い影響を与えられる存在になりたいです。

選手としてゴールをどこに置くかというのは悩みどころではありますが、サテライトで優勝するというのは1つ目標にしているところではあります。

その目標を叶えられないと止められないです!自分が納得できるまで競技を続けたいです。

仕事をしながらスポーツをしている人はたくさんいると思いますが、私みたいに競技をずっと続けられる人は多くないでしょう。こうして私が仕事と競技を両立していくことでそういった方々に何かいい影響を生み出していきたいですね。

――田中さんを見て、勇気付けられてスポーツを始めたり、続けたりする人もたくさんいると思います。

なかなか社会人になってからもスポーツを続けるというのは難しいことだと思うんです。それでもやり方を工夫すれば続けられるということを発信していきたいです。

やっぱりスポーツっていいものじゃないですか!これから企業でもスポーツを続けられる環境づくりをしていってもらいたいので、微力ながらその手助けになっていければいいですね。

田中麻衣

関連記事