• HOME
  • 記事
  • その他
  • 新生DeNAベイスターズ発足から5周年。横浜に根ざすために取り組んできた新しい試み

新生DeNAベイスターズ発足から5周年。横浜に根ざすために取り組んできた新しい試み

今シーズン、2005年以来のAクラス入りを果たした横浜DeNAベイスターズ。同時に12球団中最も遅いCS進出を経験することとなった。

今年はチームが結果を残したとともに、主催試合72試合中54試合が満員となり、球団史上最多の観客動員数193万9146人を記録。観客は入ってもチームが上向かなかった昨年までと比べると非常に充実したシーズンだったといえるだろう。

DeNAに買収された2012年シーズン以降、様々な施策が取り入れることで離れていたファンを呼び戻し、新しい観客を獲得していったわけだが、ここでその施策の一部を紹介していきたい。

根底にある“ハマスタを、野球を、中心に横浜を1つにする”という考え方

横浜DeNAになってからチームは「I☆YOKOHAMA」をコンセプトに掲げている。

これは横浜という地域に根ざし、プロ野球を通して街の活性化に貢献していくというもの。この考え方を中心に様々な施策が行われているのだ。

I☆YOKOHAMA

動画引用元:YOKOHAMA DeNA BAYSTARS CHANNEL

ユニフォームがもらえる夏の大イベント、YOKOHAMA STAR NIGHT。

DeNAベイスターズ初年度から行われている「YOKOHAMA STAR NIGHT」では夏の同一カード3試合において、毎年趣向を凝らした限定ユニフォームを選手が着用してプレー。そして、来場者には選手と同じデザインのユニフォームが無料で配布されるというなかなか太っ腹なイベントだ。試合開催日は最寄りの関内駅の駅員やその周辺の店舗の店員もユニフォームを着て、まさに野球を中心に横浜の街が1つになっている雰囲気を味わうことができる。

また、試合終了後に行われる特別な演出も見逃せない。

YOKOHAMA STAR NIGHT

動画引用元:YOKOHAMA DeNA BAYSTARS CHANNEL

関連記事