• HOME
  • 記事
  • その他
  • 山沢拓也。ロナウドに憧れたサッカー少年が、ラグビー日本代表になるまで

山沢拓也。ロナウドに憧れたサッカー少年が、ラグビー日本代表になるまで

2017年5月10日、京都の迎賓館で2019年に開催されるラグビーW杯日本大会の組み合わせ抽選が行われ、日本はスコットランドやアイルランドと同プールに組み分けられました。これから日本は初のベスト8を目指して準備を進めることになります。

その日本大会に向けて、選手たちも熾烈なポジション争いを繰り広げていくことになりますが、2019年のスター候補生のひとりとしてご紹介したいのがパナソニック・ワイルドナイツに所属する山沢拓也選手です。

初の大学生トップリーガーは、サッカー少年だった

高校から本格的にラグビーを始めた山沢選手ですが、高校1年生の時には早くも高校日本代表に選出され、2年生でU-20日本代表、3年生の時には日本代表の合宿に招集されるなど、エディー・ジョーンズ前日本代表監督からもその才能を高く評価されていました。ただ、怪我のため、エディー・ジャパンでは実際に試合に出場することはありませんでした。

昨シーズンは日本最高峰リーグ「トップリーグ」に初の大学生選手として挑みました。日本では高校ラグビー→大学ラグビー→トップリーグと進むのが一般的で、高校卒業後にすぐにトップリーグへ進むことは稀。また、二重登録が認められておらず、山沢選手の場合も筑波大学で出場することはできなくなるため、トップリーグ選択は大きな決断でした。

山沢拓也

初の大学生トップリーガーとして注目も浴びましたが、開幕戦から先発出場し、2016年10月8日に地元熊谷で行われたNECとの試合では、待望の初トライを決めるとマン・オブ・ザ・マッチにも選ばれています。2017年4月には念願の日本代表デビューも果たし、今後ますますの活躍が期待される山沢選手ですが、実は将来を有望視されたサッカー少年でした。

強豪クマガヤSCで3年間指導した富岡信吾さんは、中学時代の山沢選手についてこう振り返ります。

富岡氏「山沢は小学生の時から注目されていましたが、小学6年生の時にクマガヤSCのセレクションを受けに来て、もちろん合格。体が強いというよりは発想が豊かで、イマジネーションやひらめきといった感性が違うと感じました。面白い子だなと。クマガヤSCでもすぐにレギュラーを獲得しましたね。

そして、3年間で物凄くうまくなりました。ひらめき、アイディアも持ちながら、ボディコンタクト、相手の競り合いがパワーだけではなく、技術の部分、駆け引きが非常にうまかったです。

ロングスローも凄かった。クマガヤSCのOBで、青森山田に進学して全国選手権でもロングスローで高校サッカーを沸かせた原山(海里 東京学芸大学在学中)というのがいますが、ロングスローで観客を沸かせた初代の選手は山沢ですね。

関東大会は全て山沢のロングスロー絡みで勝ち上がっていきましたよ。利き足は右だけれど、器用なところがあったので両足キレイに蹴れる。FKも彼に任せていたし、大柄ではないけれどヘディングも強くて滞空時間も強いと中学3年生の時には全てを兼ね備えた逞しい選手になっていたので、いくつもの高校サッカー名門校から声も掛かりました」

関連記事