• HOME
  • 記事
  • その他
  • 【日本代表/WEB取材】「聖人と教わった小学生時代のコーチに恩返ししたい」。加藤未渚実がW杯へ挑む、もう一つの理由

【日本代表/WEB取材】「聖人と教わった小学生時代のコーチに恩返ししたい」。加藤未渚実がW杯へ挑む、もう一つの理由

リトアニア・ワールドカップ(W杯)まで、あと1カ月。大会までを国内合宿、海外遠征、現地調整の3つのフェーズに分け、本番へと向かっていく。7月22日〜30日、8月2日〜6日までは、千葉県・高円宮記念JFA夢フィールドで国内トレーニングキャンプを実施。国内フェーズでは、強度の高いトレーニングで追い込んだ。

左利きのドリブラー。圧倒的なキャラクターで、日本代表を中心で引っ張るのが、加藤未渚実だ。初めて挑むW杯、彼にはもう一つ、胸に秘めた思いがある。幼馴染、八木聖人の存在だ。

「彼がどう思っているかわからないが、僕は一緒にピッチに立てたらうれしい」

小学2年生から同じクラブでサッカーを続け、中学は別々の道へ、高校では、名古屋オーシャンズU-18で再会。Fリーグでは別々のチームで研鑽を積み、今度は、日本代表で再会。20年の時を経て、彼らは“一緒に”世界へ挑む。

6日の午前練習を終え、加藤は八木と共に戦うW杯への意気込みを語った。

関連記事

関連記事