• HOME
  • 記事
  • その他
  • 【日本代表/WEB取材】41歳で叶える「子どものころの夢」。10万人に1人の難病を乗り越え、ピレス・イゴールが悲願のW杯へ。

【日本代表/WEB取材】41歳で叶える「子どものころの夢」。10万人に1人の難病を乗り越え、ピレス・イゴールが悲願のW杯へ。

ワールドカップ本大会の開幕まで、あと1カ月半。Fリーグは中断期間に入り、日本代表は現在、千葉県・高円宮記念JFA夢フィールドで行われているトレーニングキャンプを含め、国内合宿、スペイン・ポルトガル遠征を経て、一気に“W杯モード”へと入っていく。

そのメンバーのなかに、41歳にして自身初となるW杯出場を目指す選手がいる。ピレス・イゴールだ。

2016年1月、来日から7年目に日本国籍の取得が承認され、晴れて日本人になったイゴールは、その年の秋に開催されるコロンビアW杯の出場を目指す“はず”だった。しかし、日本代表は2月に行われたW杯出場権をかけたAFCフットサル選手権で敗退し、同時に、イゴールのW杯出場の夢も断たれた。

それから5年は、彼にとって“茨の道”だった。

度重なるケガに加え、2020年1月には、10万人に1人の確率で発症すると言われる、筋力低下や遠位部感覚消失を伴う神経障害を伴う難病ギラン・バレー症候群を罹患。「もうフットサルができないと思った」という絶望の淵を味わった。それでも、イゴールは不屈だった。

今年7月に41歳を迎えたとは思えない、圧巻のパフォーマンスで、日本の守護神に君臨している。5年前に叶わなかった「小さい頃からの夢」。28日、イゴールがオンライン取材で募る想いを口にした。

関連記事

関連記事