• HOME
  • 記事
  • その他
  • 【パパ、キャンプ場作るってよ。】第2回「土地探し 運命の中編」。ついに、理想の土地?

【パパ、キャンプ場作るってよ。】第2回「土地探し 運命の中編」。ついに、理想の土地?

開拓予定の山林 森永ファミリーのキャンプ場作り体験記「パパ、キャンプ場作るってよ」。千葉県勝浦市に、赤ちゃんでも安心して楽しめる「リスッコファミリーキャンプ場」を作るまでのドタバタ劇を、完全ノンフィクションで赤裸々に連載します。第2回は「土地探し 運命の中編」。暗雲立ち込めていた土地探しに、一筋の光が!ついに、出会ってしまったのか?高まる期待…。トントン拍子には進まない、土地探しのリアルをお届けします。

森永ファミリーのキャンプ場探しが好転!?

ファミリーで楽しめる理想のキャンプ場を作るため、山林を購入すべく動き出した森永ファミリー。しかし、FX(外国為替証拠金取引)にハマって腰の重いパパに、続々と現れるツワモノの不動産屋さん、そして高まりゆくママの怒り…。四苦八苦しながらも、前進していく様子をお伝えした前回。今回は何やら、明るい兆しが!?第1回「土地探し 怒りの前編」。ママがブチギレたワケ…。はこちら▼▼▼ 【パパ、キャンプ場作るってよ。】第1回「土地探し 怒りの前編」。ママがブチギレたワケ…。【パパ、キャンプ場作るってよ。】第1回「土地探し 怒りの前編」。ママがブチギレたワケ…。森永ファミリーのキャンプ場作り体験記「パパ、キャンプ場作るってよ。」。千葉県勝浦市に、赤ちゃんでも安心して楽しめる「リスッコファミリーキャンプ場」を作るまでのドタバタ劇を、完全ノンフィクションで赤裸々に連載します。第1回は「土地探し 怒りの前編」。山林を購入すべく動き出したものの、あることにハマって腰の重いパパに、続々と現れるツワモノの不動産屋さん、そして高まりゆくママの怒り…。四苦八苦しながらも、前進していく様子をお送りします! キャンプ場 記事を読む ## 運命の出会い

土地、どこー!?五里霧中

千葉県、群馬県、山梨県、長野県と、だいぶ足を伸ばして探してきた土地探し。

最近SNSなどで目にする「キャンプ場を作るために山を買いました!」という人に、「イイ感じの山、どこにあるんですかー!?」と聞きたいほどには、途方に暮れていました(;´д`)…

雑木林や杉林などの山林を中心に見ていましたが、日本の山は急だから、高原に行かない限り、もう平地はないんじゃないかって。

そもそも山林を仲介する不動産屋は少なく、表に情報が出てこないことも多々あります。そこで、キャンプ場を作るには適さない急傾斜地の物件を掲載している会社であっても、もしかしたら他に条件にあう土地を知っているかも?と思って、問い合わせる作戦に!

ほとんどの会社が、「ないねぇ~・・・」。そんな中みつけた、千葉県いすみ市の竹林。
竹林▲竹林のイメージ

竹なら料理に使ったり、ランタンを作ったり、籠を編んだり、なんかいろいろできそう?な気がしたというのは二の次で、とりあえず、どこか見学したい!何かしら行動したい!!って、しびれを切らして行っちゃいました^^;

そして、ここで運命の出会いを果たすことになろうとは、まだ知る由もなかった…。

家族でアピール作戦大成功?

▲これから見学する山を探している”つもりの”息子▲これから見学する山を探している”つもりの”息子

いつも通り、息子も連れて、家族全員3人で土地見学に行きましたが、担当してもらったNさんが、そこに本気を感じ、えらく関心してくれました。

ちなみに、今までの土地見学も、全て息子を連れて行っています。キャンプ場経営も家族でやるし、移住を前提にしていて本気だということをアピールするためです(๑•̀ㅂ•́)و✧

1歳の頃は、まだ道なき山は歩けないので、抱っこひもでおんぶして(もちろんパパが^^;)、2歳になると「たんけん!たんけん!!」と草や木の根に足をとられながらも、必死に歩くようになりました。

ママの株、急上昇(*´艸`*)

このときも、間引いた竹が地面に転がっている中、息子は竹林を一生懸命歩いていましたが、やはり歩くスピードは遅く、Nさん、パパとの間に距離ができてきてしまいました。

「もし、しんどかったら、ここをまっすぐ光の方に進めば、入り口に戻れますから」とNさんに言われたママ。言葉通り受け取ったので、「しんどくなったら、戻ろう。行けるところまでは、ついて行こう」と思いました。

竹林は、平地で、枝が生い茂っているわけではないので、木々の間からだいぶ遠くまで見通しが良く、少し離れてしまってもついて行けそうと判断したからです。

途中で、息子が歩かなくなってしまったので、おんぶして、後を追いかけていると、まさかついて来ているとは思っていなかったようで、「奥さん根性あるわー」と、お褒め?いただきました(ノω・)テヘ ▲カラスウリの実は欲しいが、カタツムリにはバイバイしたい息子▲カラスウリの実は欲しいが、カタツムリにはバイバイしたい息子

また、見学が終わった後に、真っ赤なカラスウリの実を見つけて、取って子どもに見せようとしたら、葉っぱに東京では滅多に見れない大きさのカタツムリが乗っていたので、「おっきい!!触ってみる~?」「バイバイするー!」などと大騒ぎしていたら、「奥さんスゴイねー」って(ノ∀`)エヘヘ

そんなこんなで、想像以上に本気度が伝わり、時間がおしていたにも関わらず、もう一カ所案内していただきました!

今回見た土地には縁がありませんでしたが、Nさんのところは、山林仲介をメインにやっていることもあり、「千葉県で山を買うなら、絶対Nさんのところからがいいね!」と思うほど。

関連記事