• HOME
  • 記事
  • その他
  • スポーツイラストレーター宮内大樹 HIROKI MIYAUCHI Vol.2「日本代表エースからのサプライズ」

スポーツイラストレーター宮内大樹 HIROKI MIYAUCHI Vol.2「日本代表エースからのサプライズ」

SNSをきっかけに大きく人生が変わったスポーツイラストレーターがいる。「hiroki.38」こと宮内大樹さんだ。
宮内さんがサッカー選手をテーマに描いたイラストをInstagramに投稿し始めたのは2014年だった。
サッカー日本代表の香川真司がSNSのアイコンにするなど、本人の予想を遥かに超える反響につながっていく。
「SmartSportsNews」の独占インタビューを3回に分けてお届けする。

大宮アルディージャからのオファー

――インスタグラムに投稿し始めてから、どのぐらいで仕事につながっていったんでしょうか?

1年ぐらい経ったころに「サッカーマガジンZONE」という雑誌からお仕事をいただいたんです。編集者の北健一郎さんがインスタグラムを見てくれていたみたいで。それが初めてのサッカーでの仕事です。

――大宮アルディージャのポスターも手がけられていましたよね。

2016年の仕事始め、1月4日にメールが来たんです。「大宮アルディージャです。今シーズンのポスターを描いてもらえませんか」と。「イタズラなんじゃないか?」と思いつつ返信したら本当で……。うれしくて、うれしくて、福岡から大宮まで打ち合わせに行っちゃいました。

――当時はZOOMのようなものもなかったですし。

で、大宮のクラブハウスに行ったら、当時チームのエースだった家長昭博選手が僕のことを知ってくれていたんです。実は家長選手はイラストで描いたことがあって、それを奥様から教えてもらっていたみたいで。「イラストありがとうございます」と家長選手に言われて「こちらこそ勝手に描いてすみません」と返すという。

――(笑)。

今すごい夢叶ってるなと思いましたね(笑)。Jクラブのクラブハウスに行くことも初めてだったので、「こんな風になってるのか!」とめちゃくちゃテンションが上がりました。ポスターのイラストでも自分らしい表現ができましたし、今でも思い出深い仕事です。

――それ以外でも印象に残っている仕事はありますか?

双子でサッカー日本代表になった佐藤勇人さんと佐藤寿人さんの本(あきらめない勇気 困難に立ち向かう君に贈る75の道標/東邦出版)のカバーイラストを描かせてもらったのは、すごくうれしかったです。それまでも情報誌とかパンフレットの表紙はやったことはあったのですが、書籍の表紙をするのは初めてだったので。

――宮内さんの仕事が増えたきっかけはなんだったんでしょうか。

それまでは勝手に描いていたわけじゃないですか。グレーな感じも強かったんじゃないかと思うんです。それがサッカー雑誌や公式ポスターなどで仕事をさせてもらったことで“公式感”が出たというか。それから、ちょこちょこと媒体から声をかけていただけるようになったんです。

香川真司からのサプライズ

――宮内さんのイラストが多くの人の目に触れたのが、香川真司選手がSNSのアイコンにしたことだったと思います。

あれは忘れもしない2017年5月5日、こどもの日に突然、香川選手が僕のイラストをアップしたんです。うわっ、知ってくれてるんだとテンションが上がっていたら数日後にアイコンが僕のイラストになっていて。えらいことになってしまったなーって。

――香川選手のSNSのフォロワー数は数百万人以上と世界的にもトップクラスです。そんなスター選手のアイコンになるなんて、とんでもない広告効果があったはずです。

そのあと、香川選手のマネジメント事務所の「UDN」さんからメールが来たんです。ついに怒られる日が来たか……と思って開いたら、清武弘嗣選手の結婚式のプレゼントとしてイラストを描いてほしいという依頼だったんです。それから「UDN」さんとは何度もお仕事をさせていただいています。

――宮内さんには“家宝”があるとうかがったんですが。

そうなんです。2018年のロシアワールドカップのコロンビア戦の日に香川選手のサイン入りユニフォームが届いたんです。完全なサプライズだったので本当に驚きました。

――ブラジルW杯でサッカーの仕事に何も関わっていなかったのに、4年後には日本代表の10番からサイン入りのユニフォームが送られてくるなんて……。

実はもう一つ、うちには宝物があるんです。「UDN」さんが東京で記者会見をやる際に、たまたま東京出張のタイミングが重なったので見学させてもらったんです。そうしたら控え室に案内していただいたら、香川選手だけじゃなく、柴崎岳選手、原口元気選手、酒井高徳選手、冨安健洋選手、バトミントンの桃田賢斗選手がいたんです……。夢なんじゃないかと(笑)。その場でもらったサイン入りユニフォームは一番目立つところに飾っています。

――すごすぎる……。SNSへの発信をきっかけに、多くの夢を叶える。まさしく“SNSドリーム”だと思います。

最初の頃はインスタグラムに投稿しつつ、イラストが溜まったら作品集みたいなものを作って出版社に売り込むつもりだったのですが、SNSを通じて何百万人に見てもらえるから、そこが一番のプロモーションの場になる。タイミング的にも時代的にも良かったのかなと。本当にSNSの力はすごいなと思います。

Vol.1「すべてはインスタから始まった」
(ハイパーリンクURL)
https://ssn.supersports.com/ja-jp/articles/6007b05828203b583a6a5292

Vol.3「心を動かすイラストの描き方」
(ハイパーリンクURL)
https://ssn.supersports.com/ja-jp/articles/6007b0c32be9ea284b4efd12

■プロフィール

宮内大樹(みやうち・ひろき)

1973年生まれ。福岡県出身。数社のデザイン会社勤務を経て1999年にグラフィックデザイナーとして独立。2010年頃にイラストレーターへシフトチェンジ。福岡や東京を中心に、行政・企業・施設のポスターや広告・映像用のイラスト、最近ではJリーグのチームの公式グッズやポスター、スポンサー企業の商品イラストも手がける。

ミートアドマーケット
http://www.m-ad-m.jp

宮内大樹Instagram
https://www.instagram.com/hiroki.38

■クレジット

取材・構成:北健一郎

関連記事