Smart Sports News

最高の一瞬『雪のジャンプ_スキージャンプ)』

UPDATE 2021/11/28

  • SHARE

スキージャンプの写真の定番というと、やはり飛んでくる正面からV字ジャンプの飛行姿勢などを押さえるのが主流かと思います。

ただ、そうした競技写真をたくさん撮ってきたので、違う角度からのものもこれまでいろいろと試してきました。

雪が降るときというのは、ピントも合いづらいし、見えにくいしで、なかなか気が滅入るところがあるのですが、何か面白いものが撮れないかなと考えて、飛んでいく選手を後方からとらえたものがあります。

写真は札幌での大会のものです。選手の飛んでいく眼下に、うっすらと札幌の街並みが見えるのがわかりますか?

降りしきる雪の感じと、色合い的にも、夕方から夜でちょっと照明が当たっています。こういうシチュエーションがあまりないので、撮れてよかったなと思っています。

▼岸本勉(きしもと・つとむ)

1969年生まれ、東京都出身。 10年余りスタッフフォトグラファーとして様々な国内外のスポーツイベントを撮影。2003年に独立、「PICSPORT(ピクスポルト)」を設立。良くも悪くも人の記憶に残る写真を撮ることを心がけている。オリンピックは夏季冬季合わせて14大会、FIFAワールドカップは7大会、ほか国内外問わず様々なスポーツイベントを取材。2015年FINA世界水泳選手権カザン大会より、オフィシャルFINAフォトグラファーを担当。国際スポーツプレス協会会員(A.I.P.S.)/日本スポーツプレス協会会員(A.J.P.S.) Instagram:@picsport_japan

  • SHARE