Smart Sports News

木下稜介が1位浮上 惜敗の永野竜太郎は2000万円獲得でジャンプアップ【男子賞金ランキング】 | ゴルフのポータルサイトALBA.Net

UPDATE 2021/09/27

  • SHARE

ツアー初優勝はならずも… 永野竜太郎は30人抜きのランキング15位に浮上

ツアー初優勝はならずも… 永野竜太郎は30人抜きのランキング15位に浮上(撮影:佐々木啓)

国内男子ツアー「パナソニックオープン」を終えて、最新の男子賞金ランキングが発表された。

涙ながらに優勝の喜びを噛みしめる中島啓太【写真】

今大会ではアマチュアの中島啓太(日体大3年)が優勝。アマには賞金が支払われることはないため、本来獲得できる優勝賞金がそのまま“繰り下げ”に。そのため、プレーオフで中島に競り負けた永野竜太郎が賞金2000万円を獲得。ランキングは前週の45位から15位(3301万1132円)にジャンプアップとなった。

木下稜介は8位タイの賞金305万円あまりを獲得。今季通算を8585万2647円として、前週まで1位にいた星野陸也を約140万円差でかわし、賞金王レーストップに躍り出た。

単独2位に入った23歳・大岩龍一は賞金1000万円を加算し、4ランクアップの13位(3752万3166円)。53位タイに終わった石川遼は約25万円の獲得にとどまり、ランキング9位(5370万5607円)は変わらなかった。

  • SHARE

RANKING

記事に関連する人気商品

FEATURED MEDIA

人気の記事