Smart Sports News

永野竜太郎は14年目の初Vならず 「啓太くんが良いショットを打った」 | ゴルフのポータルサイトALBA.Net

UPDATE 2021/09/26

  • SHARE

リーダーボード

Pos 選手名 Sco 1 中島啓太 -18 2 永野竜太郎 -18 3 大岩龍一 -17 4 矢野東 -16 小林伸太郎 -16 6 C・キム -14 J・デロスサントス -14 8 稲森佑貴 -13 木下稜介 -13 S・ノリス -13 順位の続きを見る

激闘の末に初優勝を逃した永野竜太郎 この敗戦を必ず糧にする

激闘の末に初優勝を逃した永野竜太郎 この敗戦を必ず糧にする(撮影:佐々木啓)

パナソニックオープン 最終日◇26日◇城陽カントリー倶楽部(京都府)◇6967ヤード・パー72>

プロ転向から14年目の初優勝は、あと少しで届かなかった。永野竜太郎が最終日最終組でプレーするのは、これで5度目。混戦の中で終盤までトップをキープしたが、アマチュアの中島啓太(日体大3年)に追いつかれる。中島が1組前でトータル18アンダーで終えると、永野は17番で1つ伸ばして単独トップに抜け出した。

最終18番ではバンカーで目玉になるトラブル【写真】

パーで終えれば初優勝となる18番パー3のティイングエリアに立つ表情には緊張がにじむ。放ったティショットはグリーン右手前にショートして、バンカーのアゴ、球は砂に埋まっていた。アドレスもままならないまま打った2打目は、一度外に飛び出したが、再びバンカーへ。それでも3打目をピン奥2メートルに乗せてこれを沈めるとガッツポーズ、プレーオフに持ち込んだ。

プレーオフのため、再び18番ティへ戻る。「ミスしたクラブで、絶対打ってやろう」と握ったのは72ホール目と同じく8番アイアン。先に打った中島がチャンスにつけるなか、再びティショットはグリーンを捕らえられず花道へ。2打目で2メートルほどに寄せたが、パーパットはカップに蹴られて入らず。中島がパーで上がり、初優勝は消え去った。

「チャンスにつけて内容も悪くはなかった。優勝はできなかったけど、目指していた方向性はよかったのかなと思います」と語る。「啓太くんが良いショットを打った」と、プレーオフを終えた18番グリーンで笑顔で勝者を讃え、1週間に幕を閉じた。

  • SHARE

RANKING

記事に関連する人気商品

FEATURED MEDIA

人気の記事