Smart Sports News

1差2位の河本力は、18番グリーンでペナルティを回避 「助かりました」【日本OP 3日目コメント集】(No.159923) | ツアーニュース | ツアー情報 | ゴルフのポータルサイトALBA.Net|GOLF情報

UPDATE 2020/10/17

  • SHARE

リーダーボード

Pos 選手名 Sco 1 谷原秀人 -5 2 稲森佑貴 -4 河本力 -4 4 内藤寛太郎 -2 5 金谷拓実 0 市原弘大 0 杉原大河 0 8 今野大喜 +1 出水田大二郎 +1 池村寛世 +1 順位の続きを見る

河本力は300ヤードを超える飛距離と、思いっ切りのいいプレーで、アマチュア優勝を目指す

河本力は300ヤードを超える飛距離と、思いっ切りのいいプレーで、アマチュア優勝を目指す(撮影:佐々木啓)

<日本オープンゴルフ選手権 3日目◇17日◇紫カントリークラブ すみれコース(千葉県)◇7317ヤード・パー70>

3日目を終えて、首位の谷原秀人と1打差と好位置につけているアマチュアの河本力(日体大3年)。最終日は最終組の1組前でティオフを迎える。実は河本が最終18番グリーンでバーディパットを打つ直前、競技委員に声をかけられていた。一体何が起こったのか?

16年大会覇者、松山英樹の最新セッティング写真を入手!

「僕のボールマーカーの近くにピッチマークがあって、ボールを置くと(ピッチマークに)転がってしまうので、ギリギリ止まる所にボールマーカーを置いていた。それが(本来の位置から)ズレていたので、『そのまま打つとペナルティになるよ』と言われました」

ボールマーカーを正しい位置に動かしてから打った2mのバーディパットは、右に外れてトップに並ぶチャンスを逃した。思わぬ仕切り直しでリズムが崩れてしまったが、「あのまま打っていたらペナルティだったので助かりました」と大型アマはしっかり切り替えている。もし打った後にペナルティとなれば、『誤所からのプレー』で2打罰となるところだった。

気温の下がった雨の中のプレーで、ナショナルオープンのセッティングはさらに難しさを増し、3日目にアンダーパーで回った選手はたったの4人。3日間のトータルスコアでもアンダーパーは谷原、河本、稲森佑貴、内藤寛太郎の4人だけになってしまった。最終日はいったいどんなドラマが待っているのか。河本と内藤は11時42分、最終組の谷原と稲森は11時52分にスタートする。

  • SHARE

RANKING

記事に関連する人気商品

FEATURED MEDIA

人気の記事