• HOME
  • 記事
  • ハンドボール
  • 改革者・葦原一正が思い描くハンドボール・リーグ1年目は未来への投資「ビジネスよりもまずガバナンスやリーグ構造改革が必要」

改革者・葦原一正が思い描くハンドボール・リーグ1年目は未来への投資「ビジネスよりもまずガバナンスやリーグ構造改革が必要」

プロ野球の横浜DeNAベイスターズや男子プロバスケットボールリーグB.LEAGUEの立ち上げに携わり、B.LEAGUEでは初代事務局長を務めた葦原一正氏。スポーツ界の新たなリーダーが次に選んだ競技はハンドボールだった。

ハンドボールリーグの代表理事に就任し周囲を驚かせるような改革に期待されるなか、リーグ再生に向けてリアルな現在地は──。

「SmartSportsNews」の独占インタビューをお届けする。

五輪はハンドボールに触れてもらうチャンス

──東京オリンピック(五輪)は残念ながら無観客での開催となりました。しかし日本ハンドボールリーグは五輪ハンドボールチケット所持者に来年3月に行われるリーグプレーオフに招待することを発表しています。この取り組みはどういったプロセスで決まりましたか?

発表させてもらったのは先週の水曜日(14日)です。前の週の木曜日(8日)の朝にそれをやろうと思って一週間検討しました。水曜日(7日)の夜に急遽、緊急事態宣言が発令されて無観客になり、その時にパッと思い浮かんだのがこの案でした。

──五輪とリーグという同じハンドボールという競技でありながら、違う主催のためにこの施策には難しさもあったのでは?

ハンドボールを観ようと思って、2年以上楽しみにされた方々がいらっしゃいます。特に小さなお子さんやそのご家族、そして選手の家族などは中止になって本当に残念に思っているでしょう。我々としては単純に、中止になってそれで終わりにしていいのかと。IOC主催だから関係ないと線を単純に引くのではなく、リーグとして出来ることを考えプレーオフを見てもらえればと思いました。

──多くの方がハンドボールに触れるいい機会になりますね。

リーグにとっても五輪は、色々な方にハンドボールを見ていただける良いチャンスでした。五輪のチケット持っている方は、コアファン以外もたくさんいると想定していました。だったら一度見てもらった方がいいという発想で木曜日(8日)の朝に思いました。

──発案者は葦原さん?

一応私ですね。すぐ事務局長に「これやろう」って電話で伝えました。法律的な観点やオペレーション的な観点を1週間をかけて専門家も交え慎重に検討しました。

──素晴らしい案だと思いますが、追随するNF(国内競技連盟)は今のところありません。

そもそも、なんであのタイミングで出したかというと、ほかのNFが追随してくれると良いなという思いがありました。正直にいってオペレーションリスク等もありましたが、それでも早い方がいいと。ただ今のところ誰も追随してこないですね。せっかくなのでやればいいのに追随の動きが出てこないのは残念な気持ちも少しあります。

関連記事