• HOME
  • 記事
  • ゴルフ
  • 【#7】「選択と集中」でスコアアップを狙う まさかの「ドライバー捨て」戦法
ゴルフ沼,ゴルフ

【#7】「選択と集中」でスコアアップを狙う まさかの「ドライバー捨て」戦法

ゴルフを始めて4カ月ほど経った頃、私は途方に暮れていました。コースデビュー時に「184」、2回目に「187」という「かまいたち濱家さんの身長」並みのハイスコアを叩き出した私は「ゴルフってこんなにどうにもならないものだったのか」と頭を抱えました。

「ゴルフなんて楽勝ですよ」と、軽いノリで私をゴルフ沼に引きずり込んだイケメン編集者スダには「訴えてやる」と言いたい気分でしたし、「聞いてないよ」とも思いました。しかし、100切りという目標のためには気分を「くるりんぱ」して、新たに作戦を立てなければいけません。

この時点では何もかもできていなくてどうにもならかったのですが、そんな中でもスコアを良くするために何から始めればいいのか。藁にもすがる思いでゴルフ情報を求めてネットサーフィンをしていると、とある記事を見つけました。そこに書かれていることが心に刺さったのです。(以下、ゴルフを全く知らない人には退屈な内容かもしれませんが、お許しください)

そこでは、ゴルフにおけるミスの種類と、それによって損すると思われる打数が一覧表になっていました。その表を見た瞬間、「あっ、そうか」とピンと来たのです。

たとえば、グリーン周りのガードバンカーに入れてしまうと、出すのに何打も必要になることがあるため、2.5打以上のミスになる。一方、3パットになるというミスは、本来2パットで終えられたはずのところを1打多くかかってしまっただけなので、1打のミスにしかならない。

このように、同じミスであっても、ミスの種類によって損する打数には差があり、大きく損をするミスをどれだけ減らせるかというのがスコアアップに直結することになるのです。

その一覧表の中で、損する打数が大きい致命的なミスのツートップが「ガードバンカーに入れること」と「OBになること」でした。自分の経験を踏まえても、これには深く納得しました。

アゴの高いバンカーに入れてしまったりすると、1打で脱出することができずに、何度も叩いてしまったりします。仮に脱出できたとしても、いい場所につけられる可能性は低いので、そこからカップインするまでにさらに打数を費やすことになります。

また、ティーショットでOBを出してしまうのも致命的なミスです。ティーショットのOBは原則として1打罰で打ち直し。つまり、次は第3打として打つことになるので、OBを出した時点で2打の損が確定してしまうのです。実際のホールではOBの場合に「前進4打」が適用されることもありますが、いいスコアを出すにはなるべくそれも避けた方がいいのは間違いないでしょう。

とにかく、バンカーとOB、この2つが圧倒的にスコアを悪くしているということに気付かされました。つまり、100切りのためには、この2つに関して何よりも優先して対策をした方がいいのです。

関連記事