• HOME
  • 記事
  • ゴルフ
  • 「調子なのか体なのか…」悩める女王・稲見萌寧 “ダブルディフェンディング”大会で復活を期す | ゴルフのポータルサイトALBA.Net

「調子なのか体なのか…」悩める女王・稲見萌寧 “ダブルディフェンディング”大会で復活を期す | ゴルフのポータルサイトALBA.Net

稲見萌寧、“ダブルディフェンディング”大会で復調なるか(撮影:佐々木啓)

富士フイルム・スタジオアリス女子オープン 事前情報◇7日◇石坂GC(埼玉県)◇6475ヤード・パー72>

昨シーズン9勝を挙げて、古江彩佳との激しい賞金女王レースを制した稲見萌寧。だが、今季はここまでの5試合で開幕戦の10位タイが最上位で、棄権、予選落ちがそれぞれ1度ずつと、厳しい戦いが続いている。

お手本のようなテヘペロをする原英莉花【写真】

一番はトレーナーの問題が大きいという。現在は現場に同行するトレーナーが決まっておらず、今週も「初めまして」の状況。まだお互いに探り探りで「体は繊細で、ちょっとしたことでゴルフは変わってしまう」とベストな状態に近づけるのが難しいという。

痛みなどはないが、どうしても体の状態が頭をよぎる。「ゴルフの調子が悪いのか、体がうまくハマっていないのか分からない。いろんな意味で悩みながらやっていますね」。ツアーでも屈指の練習の虫は、時間をかけても質が上がってこない状況に四苦八苦。一番影響が出ているのがパターだという。「構えても体幹がずれていたりとか、同じようなイメージをしても転がりが変わってきている」と仕上げが決まらない。

それでも今週は気分が上がる要素が2つある。1つは連覇がかかっているということ。昨年大会では小祝さくらとのプレーオフを制して、自身初の2週連続優勝を挙げている。

関連記事

「調子なのか体なのか…」悩める女王・稲見萌寧 “ダブルディフェンディング”大会で復活を期す | ゴルフのポータルサイトALBA.Net

稲見萌寧、“ダブルディフェンディング”大会で復調なるか(撮影:佐々木啓)

富士フイルム・スタジオアリス女子オープン 事前情報◇7日◇石坂GC(埼玉県)◇6475ヤード・パー72>

昨シーズン9勝を挙げて、古江彩佳との激しい賞金女王レースを制した稲見萌寧。だが、今季はここまでの5試合で開幕戦の10位タイが最上位で、棄権、予選落ちがそれぞれ1度ずつと、厳しい戦いが続いている。

お手本のようなテヘペロをする原英莉花【写真】

一番はトレーナーの問題が大きいという。現在は現場に同行するトレーナーが決まっておらず、今週も「初めまして」の状況。まだお互いに探り探りで「体は繊細で、ちょっとしたことでゴルフは変わってしまう」とベストな状態に近づけるのが難しいという。

痛みなどはないが、どうしても体の状態が頭をよぎる。「ゴルフの調子が悪いのか、体がうまくハマっていないのか分からない。いろんな意味で悩みながらやっていますね」。ツアーでも屈指の練習の虫は、時間をかけても質が上がってこない状況に四苦八苦。一番影響が出ているのがパターだという。「構えても体幹がずれていたりとか、同じようなイメージをしても転がりが変わってきている」と仕上げが決まらない。

それでも今週は気分が上がる要素が2つある。1つは連覇がかかっているということ。昨年大会では小祝さくらとのプレーオフを制して、自身初の2週連続優勝を挙げている。

関連記事