• HOME
  • 記事
  • ゴルフ
  • 名門高校のラストシーズンに全国大会で奇跡の個人優勝をつかんだ男【高校ゴルフ部監督回顧録】 | ゴルフのポータルサイトALBA.Net

名門高校のラストシーズンに全国大会で奇跡の個人優勝をつかんだ男【高校ゴルフ部監督回顧録】 | ゴルフのポータルサイトALBA.Net

水城高校ゴルフ部最後の年に全国大会優勝を遂げた関将太(撮影:佐々木啓)

プロゴルファーの原点ともいえるのが高校時代。多くの有望選手を輩出する名門高校のゴルフ部監督は、その原点を知っている。有名プロとなった今では語られない、知られざるエピソードも数多い。高校ゴルフ部監督の回顧録をお届け。今回は夏の全国大会・団体戦男の部で6度の優勝を誇った水城高校(茨城県)を1977年の創部から休部となった2016年まで40年率いた石井貢氏(現・明秀学園日立高校ゴルフ部総監督)。水城高校最後の年で全国制覇を遂げた選手も名伯楽の良き思い出だ。(取材・文/山西英希)

女子はまもなく開幕 原英莉花の装いが変わった!?【LIVEフォト】

■奇跡の6連続バーディでつかんだ全国大会優勝

学校の方針で2016年3月にゴルフ部休部という決断をした名門・水城高校。15年度が最後のシーズンとなった。3年生だけで臨んだ「全国高校ゴルフ選手権 夏季大会」団体の部では16位タイに終わったが、中一日置いて開催された個人の部では奇跡が生まれた。なんと同校の関将太が大逆転で優勝を飾ったのだ。地味ながらもひたすらパッティング練習を続けた成果が形となったが石井貢氏に贈る最高の恩返しだった。

個人戦初日を終えて首位に1打差の2位タイにつけていた関は、スタート2ホールで連続ボギーを叩くなど、苦しいゴルフを強いられたが、最後まであきらめることはなかった。「監督に恩返しをしたい」という一心で目の前にあるボールに集中すると、なんと11番から6連続バーディを奪う。一気に上位陣を抜き去り、逆に2位に2打差をつけての優勝となった。

当時ゴルフ部監督を務めていた石井貢氏は関について次のように振り返る。「私にとっては水城で最後の教え子になる代だったので、関のことはよく覚えています。飛距離がそれほどでもありませんでしたが、ショットの精度には光るものがありました。彼から全国大会の個人戦で優勝するにはどうしたらいいのか聞かれたので、パッティングの技術を磨くことだと説明しました」。

関連記事

名門高校のラストシーズンに全国大会で奇跡の個人優勝をつかんだ男【高校ゴルフ部監督回顧録】 | ゴルフのポータルサイトALBA.Net

水城高校ゴルフ部最後の年に全国大会優勝を遂げた関将太(撮影:佐々木啓)

プロゴルファーの原点ともいえるのが高校時代。多くの有望選手を輩出する名門高校のゴルフ部監督は、その原点を知っている。有名プロとなった今では語られない、知られざるエピソードも数多い。高校ゴルフ部監督の回顧録をお届け。今回は夏の全国大会・団体戦男の部で6度の優勝を誇った水城高校(茨城県)を1977年の創部から休部となった2016年まで40年率いた石井貢氏(現・明秀学園日立高校ゴルフ部総監督)。水城高校最後の年で全国制覇を遂げた選手も名伯楽の良き思い出だ。(取材・文/山西英希)

女子はまもなく開幕 原英莉花の装いが変わった!?【LIVEフォト】

■奇跡の6連続バーディでつかんだ全国大会優勝

学校の方針で2016年3月にゴルフ部休部という決断をした名門・水城高校。15年度が最後のシーズンとなった。3年生だけで臨んだ「全国高校ゴルフ選手権 夏季大会」団体の部では16位タイに終わったが、中一日置いて開催された個人の部では奇跡が生まれた。なんと同校の関将太が大逆転で優勝を飾ったのだ。地味ながらもひたすらパッティング練習を続けた成果が形となったが石井貢氏に贈る最高の恩返しだった。

個人戦初日を終えて首位に1打差の2位タイにつけていた関は、スタート2ホールで連続ボギーを叩くなど、苦しいゴルフを強いられたが、最後まであきらめることはなかった。「監督に恩返しをしたい」という一心で目の前にあるボールに集中すると、なんと11番から6連続バーディを奪う。一気に上位陣を抜き去り、逆に2位に2打差をつけての優勝となった。

当時ゴルフ部監督を務めていた石井貢氏は関について次のように振り返る。「私にとっては水城で最後の教え子になる代だったので、関のことはよく覚えています。飛距離がそれほどでもありませんでしたが、ショットの精度には光るものがありました。彼から全国大会の個人戦で優勝するにはどうしたらいいのか聞かれたので、パッティングの技術を磨くことだと説明しました」。

関連記事