• HOME
  • 記事
  • ゴルフ
  • 賞金はプロのステータス〜女子ツアーの歴史に見るその大切さ〜【原田香里のゴルフ未来会議】 | ゴルフのポータルサイトALBA.Net

賞金はプロのステータス〜女子ツアーの歴史に見るその大切さ〜【原田香里のゴルフ未来会議】 | ゴルフのポータルサイトALBA.Net

ラウンドしてきました!(左から中野晶、原田、鬼澤信子、吉田順子)

2021年3月まで日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)の理事を務め、いまは女子ゴルフ界発展のため尽力し、自身のゴルフ向上も目指す、女子プロゴルファーの原田香里。まだまだこれからと話すゴルフ人生、そして女子ゴルフ界についての未来を語る。

ボランティアとしてZOZOに行ってきました【写真】

――――

ゴルフを愛するみなさん、こんにちは。原田香里です。今週は、ツアープレーヤーのステータスでもある賞金についてお話ししたいと思います。

2020-21年は、コロナ禍で異例のロングシーズンになったという事情もあり、女子ツアーでの獲得賞金が大きく跳ね上がっています。試合数が増えているのですから当然の部分もあるのですが、それでも現状で賞金ランキング1位の稲見萌寧さん、2位の古江彩佳さんの2人が2億円を大きく超える賞金を獲得しているのはすごいことです。

シード権争いについても同様に金額は上がっています。ボーダーラインとなる賞金ランキング50位も、そのすぐ下の51位も3000万円を超えているのです。つまり、3000万円稼いでも、シード権が手に入らないケースもあるということです。

関連記事