• HOME
  • 記事
  • ゴルフ
  • アニカ・ソレンスタム、まもなく全米シニア女子OPデビューへ インクスターも雪辱へ | ゴルフのポータルサイトALBA.Net

アニカ・ソレンスタム、まもなく全米シニア女子OPデビューへ インクスターも雪辱へ | ゴルフのポータルサイトALBA.Net

アニカ・ソレンスタムがまもなく全米シニア女子オープンデビュー(撮影:GettyImages)

第3回の「全米シニア女子オープン」で約13年ぶりに全米ゴルフ協会(USGA)が主催する大会にカムバックするアニカ・ソレンスタム(スウェーデン)が開幕前日、開催コースのブルックレーンCC(コネチカット州)で公式会見を行い、「私はまだまだファイター! このコースは私にはとても合っているから、すごく楽しみ」と意気込みを語った。

松山英樹が日の丸を背負ってプレー中【五輪フォト】

前日にコース入り、「私がツアーから退いたのが13年前だから、10〜12年ぶりに会った選手がたくさんいた」と、ツアー仲間と旧交を温めた。

練習ラウンドを行う一方で、自身のファンデーションが主催するクリニックも開催。「40人のジュニアが集まって、いい時間を過ごせた。私の経験と知識で彼らがもっとゴルフに興味を持ってくれたらうれしいし、私自身のゴルフへの思いも高まったから相乗効果になった」と喜んだ。

実は数年前に母国スウェーデンで開催されたテレビイベントでススーザン・ペタ―セン(ノルウェー)、ロレーナ・オチョア(メキシコ)、朴セリ(韓国)らとプレー。「スーザンが私に『ぜんぜんスイングが変わっていないわ』と言ってくれたので私は『ありがとう』と返したら、『でもぜんぜん飛んでない』と言われた(笑)。だからスイングは変わっていないけれど私のゴルフゲームは変わった。その新しい私のゴルフで戦うことが楽しみ」と言う。

実際に練習ラウンドでは「グリーン上はバックスピンで攻めることができた。あれだけスピンがかかるのは久しぶり」と手応えをみせる。「スーザンも子供を持った今、どんなプレーをするのか見てみたいわ」とメッセージを送るのも忘れなかった。

関連記事