• HOME
  • 記事
  • バスケットボール
  • 盟友への強烈ダンクを後悔するレブロン。「結婚式に招待して」との願いに相手のフィアンセは「少し考えるわ」<DUNKSHOOT>

盟友への強烈ダンクを後悔するレブロン。「結婚式に招待して」との願いに相手のフィアンセは「少し考えるわ」<DUNKSHOOT>

ラブ(右)への強烈ダンクを後悔しているレブロン(左)。はたして結婚式には呼ばれるのか。(C)Getty Images
現地時間3月21日に行なわれたロサンゼルス・レイカーズとクリーブランド・キャバリアーズの一戦は、前者が131-120で敵地での試合に快勝。レブロン・ジェームズが38得点、10リバウンド、12アシストと縦横無尽に暴れ回り、古巣を粉砕した。

トリプルダブルのハイパフォーマンスを披露したレブロンだが、この試合で残したのは数字だけではない。第2クォーター残り2分半、オースティン・リーブスがオフェンシブ・リバウンドを奪った直後、猛スピードでペイントエリアへ走り込み、パスを受けて豪快なダンクを炸裂。キャブズ時代の元同僚ケビン・ラブを吹き飛ばしてのポスタライズダンクは、NBAが選ぶ『この日のハイライトプレートップ10』の1位に輝くほどのインパクトだった。

ただ、レブロンとしては、ポスタライズした相手が盟友のラブだったため、この一発を後悔しているようだ。試合後、「正直言って、(吹き飛ばした相手が)彼だったのは嫌だね」と切り出し、こう続けた。
「彼は俺の友人でありブラザー。結婚式に招待されることを願うよ。あれは俺にとっての“オールタイムダンク”にも入っていないから、なかったことにしたい。そんなつもりじゃなかったんだK-ラブ、愛してる。あの2点を取り消せることを願うよ。それでもまだ俺たちが9点差で勝ったからね」

するとこの発言に、当事者のラブとそのフィアンセであるケイト・ボックが冗談交じりで反応。ラブが自身のSNSで「彼とは48時間口を利かない」「すべてのSNSをブロックする」と投稿すれば、ボックも結婚式への招待を望むレブロンに対し、「少し考えるわ」とインスタグラムに投稿した。

昨年1月に婚約し、今夏に式を挙げる予定のラブとボック。はたしてその晴れの舞台に、レブロンは無事出席することができるのだろうか。

構成●ダンクシュート編集部

【PHOTO】37歳を迎えても未だ衰え知らず!NBAの“キング”レブロン・ジェームズ特集!

関連記事