• HOME
  • 記事
  • バスケットボール
  • アデトクンボが子どもたちから“新たなダンク”を学ぶ「最初は『何これ? 絶対にイヤだ!』って感じだったよ」<DUNKSHOOT>

アデトクンボが子どもたちから“新たなダンク”を学ぶ「最初は『何これ? 絶対にイヤだ!』って感じだったよ」<DUNKSHOOT>

コート上ではダンクの雨を降らせるアデトクンボだが、今回知った“新たなダンク”には衝撃を受けたようだ。(C)Getty Images
 ミルウォーキー・バックスのヤニス・アデトクンボは、26歳にしてシーズンMVP(2019、20年)、オールスターMVP(21年)、MIP(最優秀躍進選手賞/17年)、最優秀守備選手賞(20年)といった数々のタイトルを獲得し、昨季ついにNBAチャンピオンとファイナルMVPという称号も手に入れた。

 昨季までの8シーズンでオールスターとオールNBAチームに各5回、オールディフェンシブチームに4回選ばれており、先月発表されたNBA75周年記念チームにも最年少で選出。選手として獲得し得るほぼすべての称号を手にしたと言っていい。

 開幕14試合を終えて6勝8敗と負け越していたバックスも、クリス・ミドルトンが新型コロナウイルスのプロトコルから復帰後は5連勝。現在は11勝8敗(勝率57.9%)でイースタン・カンファレンス6位へと順位を上げている。

 そんななか、アデトクンボは現地時間11月24日(日本時間25日)のデトロイト・ピストンズ戦後の会見で、スナック菓子のオレオについて語る一幕があった。

 アデトクンボと言えば、公称211cm・110kgの鍛え上げられた肉体と手足の長さ、驚異的な身体能力を誇り、これまで常人では不可能な数々の超絶ダンクを叩き込んできた。

 だが意外にも、コクのあるクリームをザクザクとした食感のチョコレートクッキーで挟んだ『オレオ』を‟ダンク”することには衝撃を受けたという。

 アデトクンボは「ねぇ、ちょっと(オレオについて)話そうよ」と切り出し、コマーシャル撮影時のエピソードを明かした。
 「コマーシャルで、昨日ビデオを撮影したんだ。3人の子どもたちがいて、そこにはいくつかオレオがあって『オレオを食べすぎたことはある?』と聞かれてね。俺は『あるよ』って答えたんだ。リーグ入りして最初にやったことさ。子どもの頃は食べたかったけど(金銭的に)その余裕がなかったからね。皆は車やチェーンを買うのにカネを使う。でも俺はオレオを買うんだ。1か月間食べ続けることもあった。ディナーもランチも食べなくてもね。飽きるかって? そんなことはなかったね」

 自らをオレオ好きを公言したアデトクンボ。しかし、オレオを牛乳にダンクする(浸す)食べ方は知らなかったようだ。

「彼が『牛乳の中にダンクしたことはある?』と言ってきてね。俺は『ない』と答えたんだ。そしたら、彼に『じゃあやらなきゃ』と言われてコーマーシャルでやったのさ」

 アデトクンボはそう口にし、オレオのダンクを試みるも、子どもたちの前でまさかの失敗をしてしまったという。

「オレオを牛乳の中に放り込んだんだ。そしたら『ダメ、浸すだけでしょ!』と突っ込まれてね。で、俺は『なぁに、心配すんなって。スプーンをくれ』と言って1個目を浸したんだ。でも最初は『何これ? 絶対にイヤだ!』って感じだったよ。ただ、食べてみると『おぉ、これはめちゃくちゃ美味いな』って話してたんだ」

 アデトクンボは今季も平均27.2点、11.7リバウンド、5.9アシスト、1.22スティール、1.89ブロックと怪物級のスタッツを残し、18試合で37本ものダンクを炸裂させている。だが今回、子どもたちから“新たなダンク”を学んだことで、再びオレオ熱に火がつくかもしれない。

文●秋山裕之(フリーライター)

関連記事

アデトクンボが子どもたちから“新たなダンク”を学ぶ「最初は『何これ? 絶対にイヤだ!』って感じだったよ」<DUNKSHOOT>

コート上ではダンクの雨を降らせるアデトクンボだが、今回知った“新たなダンク”には衝撃を受けたようだ。(C)Getty Images
 ミルウォーキー・バックスのヤニス・アデトクンボは、26歳にしてシーズンMVP(2019、20年)、オールスターMVP(21年)、MIP(最優秀躍進選手賞/17年)、最優秀守備選手賞(20年)といった数々のタイトルを獲得し、昨季ついにNBAチャンピオンとファイナルMVPという称号も手に入れた。

 昨季までの8シーズンでオールスターとオールNBAチームに各5回、オールディフェンシブチームに4回選ばれており、先月発表されたNBA75周年記念チームにも最年少で選出。選手として獲得し得るほぼすべての称号を手にしたと言っていい。

 開幕14試合を終えて6勝8敗と負け越していたバックスも、クリス・ミドルトンが新型コロナウイルスのプロトコルから復帰後は5連勝。現在は11勝8敗(勝率57.9%)でイースタン・カンファレンス6位へと順位を上げている。

 そんななか、アデトクンボは現地時間11月24日(日本時間25日)のデトロイト・ピストンズ戦後の会見で、スナック菓子のオレオについて語る一幕があった。

 アデトクンボと言えば、公称211cm・110kgの鍛え上げられた肉体と手足の長さ、驚異的な身体能力を誇り、これまで常人では不可能な数々の超絶ダンクを叩き込んできた。

 だが意外にも、コクのあるクリームをザクザクとした食感のチョコレートクッキーで挟んだ『オレオ』を‟ダンク”することには衝撃を受けたという。

 アデトクンボは「ねぇ、ちょっと(オレオについて)話そうよ」と切り出し、コマーシャル撮影時のエピソードを明かした。
 「コマーシャルで、昨日ビデオを撮影したんだ。3人の子どもたちがいて、そこにはいくつかオレオがあって『オレオを食べすぎたことはある?』と聞かれてね。俺は『あるよ』って答えたんだ。リーグ入りして最初にやったことさ。子どもの頃は食べたかったけど(金銭的に)その余裕がなかったからね。皆は車やチェーンを買うのにカネを使う。でも俺はオレオを買うんだ。1か月間食べ続けることもあった。ディナーもランチも食べなくてもね。飽きるかって? そんなことはなかったね」

 自らをオレオ好きを公言したアデトクンボ。しかし、オレオを牛乳にダンクする(浸す)食べ方は知らなかったようだ。

「彼が『牛乳の中にダンクしたことはある?』と言ってきてね。俺は『ない』と答えたんだ。そしたら、彼に『じゃあやらなきゃ』と言われてコーマーシャルでやったのさ」

 アデトクンボはそう口にし、オレオのダンクを試みるも、子どもたちの前でまさかの失敗をしてしまったという。

「オレオを牛乳の中に放り込んだんだ。そしたら『ダメ、浸すだけでしょ!』と突っ込まれてね。で、俺は『なぁに、心配すんなって。スプーンをくれ』と言って1個目を浸したんだ。でも最初は『何これ? 絶対にイヤだ!』って感じだったよ。ただ、食べてみると『おぉ、これはめちゃくちゃ美味いな』って話してたんだ」

 アデトクンボは今季も平均27.2点、11.7リバウンド、5.9アシスト、1.22スティール、1.89ブロックと怪物級のスタッツを残し、18試合で37本ものダンクを炸裂させている。だが今回、子どもたちから“新たなダンク”を学んだことで、再びオレオ熱に火がつくかもしれない。

文●秋山裕之(フリーライター)

関連記事