• HOME
  • 記事
  • 野球
  • 大谷翔平の“通訳”水原一平が一時エンジェルスを退職し、復帰した理由とは?「イッペイは相変わらず凄い」と現地メディアも称賛

大谷翔平の“通訳”水原一平が一時エンジェルスを退職し、復帰した理由とは?「イッペイは相変わらず凄い」と現地メディアも称賛

大谷翔平(左)と常に行動を共にする通訳の水原一平氏(右)。(C)Getty Images
3月13日、ロサンゼルス・エンジェルスで大谷翔平の通訳を務める水原一平氏がロックアウト中にチーム職員を一時退職し、新労使協定締結後(ロックアウト解除後)に復職したと地元紙『Orange County Register』のジェフ・フレッチャー記者が明かした。

【PHOTO】世界が驚嘆する偉才・大谷翔平のキャリアを厳選ショットで一挙公開!花巻東、日ハム、エンジェルスでの活躍を振り返る

ロックアウト中に、球団スタッフは選手会に所属する選手との接触は一切認められず、メジャー1年目から大谷の通訳を担ってきた水原氏も例外ではなかった。通訳だけでなくキャッチボールや車の運転、買い物など多方面から二刀流をバックアップしてきた水原氏は、一時的に職員を辞めることで普段と変わらずサポートができたようだ。
ロックアウトという異例の事態の水原氏の対応を米データ分析会社『Codify Baseball』は「変化に対応した」と評すると、地元メディア『Anaheim Sports』は「イッペイは相変わらず凄い」と称賛している。

来月7日のヒューストン・アストロズ戦で開幕するエンジェルス。昨季アメリカン・リーグMVPに輝いた27歳は、今季も水原氏と共に大きな事を成し遂げてくれるに違いない。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】“歴史的なシーズン”をホームランで締め括る!二刀流で大躍進を遂げた大谷翔平の2021年を厳選!

【関連記事】大谷翔平は「とんでもない偉業をやる」――。エンジェルスが38歳のベテラン捕手と新契約を結んだ背景は?

【関連記事】大谷翔平の“女房役”カート・スズキ残留に現地メディアの反応は?「捕手のFA市場が薄かった」との指摘も

関連記事