奈良岡功大,バドミントン

奈良岡功大が準V!インドネシア勢が3種目制覇<バドミントン・シンガポールOP>

【トップ写真:奈良岡功大(IMG)】

男子シングルスで奈良岡が準優勝

17日、BWFワールドツアー・シンガポールOPの大会6日目、日本勢で唯一最終日に残った奈良岡功大(IMG)が男子シングルス決勝で東京五輪銅メダリストのアンソニー・S・ギンティン(インドネシア)に敗れ、準優勝となった。

強豪インドネシアのエースに対し、奈良岡は第1ゲーム21-20と先にゲームポイントを奪う場面もあったが、逆転を許し0-2のストレート負け。得意のネットプレーで接戦を展開したが、ゲーム後半でギンティンが連続得点を奪う勝負強さを見せた。

インドネシアが5種目中3種目を制覇 

女子シングルスは、リオ五輪銀、東京五輪銅のシンドゥ・プサルラ(インド)が優勝。男女ダブルスはインドネシア勢が制した。

混合ダブルスはタイのペアが東京五輪金メダルの中国ペアを下した。

川上はリオ五輪銀、東京五輪銅と女子シングルスで2つの五輪メダルを獲得した実績を持つインドのシンドゥ・プサルラに経験の差を見せつけられ、0-2のストレートで敗退。同じく大堀も、今年のアジア選手権王者の王祉怡(中国)にストレートで敗れた。

関連記事