• HEROs
その他

陸上競技への愛と理解を。寺田明日香が学生アスリートを支援する理由

寺田明日香さんは、現役の100mハードラー。 競技者でありながら、陸上競技に取り組む若い世代をサポートする取り組みも積極的に行なっています。2020年よりコロナ禍で競技環境が制限されている学生に対して、「A-START プロジェクト」をスタートしました。学生アスリートへの思いや、活動を通して起きた変化について伺いました。

その他

F・マリノスが社団法人で描く社会貢献の未来。「地方公共団体も巻き込みな...

サッカーJ1リーグに所属する横浜F・マリノスは昨年11月、一般社団法人F・マリノス スポーツクラブを設立。今年2月に事業を開始し、スポーツによる地域振興や地元選手育成により一層力をいれています。 一般社団法人F・マリノススポーツクラブの代表理事・宮本功(みやもと・いさお)さんに、立ち上げの理由や経緯、クラブが社会貢献活動に関わる意義についてお話を伺いました。

その他

「OPT」の第一弾商品、吸水型ボクサーパンツを開発。Rebolt inc下山田志帆...

なでしこリーグ2部「スフィーダ世田谷」に所属する現役女子サッカー選手兼、株式会社Rebolt(レボルト)共同代表者の下山田志帆さん。Rebolt の第一弾の活動となったのが、吸水型ボクサーパンツを販売するノーノーマルブランド「OPT」の立ち上げです。プロダクト開発に至った経緯や、アスリートだからこそぶつかったビジネスの壁など、社会課題解決のための活動を続ける下山田さんの想いを伺いました。

その他

「サッカーが難民の子どもたちに夢と可能性を与える」 林一章が難民キャン...

「鈴鹿ポイントゲッターズ」や「伊賀FCくノ一」でコーチを務めるサッカー指導者の林一章さんは、一般社団法人津市スポーツアカデミー MARAVILHAの代表を務め、難民キャンプの支援に長らく携わっています。“ボールを蹴ること”を通じ、遠く離れた難民キャンプで不安に苛まれる人々に希望を与えようと奔走中です。

その他

ラグビー ・冨田真紀子がブラを寄付する理由「これが、私にできること」

冨田真紀子さんは、現在フランス1部リーグでプレーしているラグビー選手です。モザンビークやケニヤの女性に対してブラジャーを寄付する活動を行なっています。アメリカの非営利団体が取り組んでいた本プロジェクト「FREE THE GIRLS」。参画しようと思った理由や思い、活動を通じた体感した“繋がる力”についてお伺いしました。

その他

社会貢献を当たり前のようにやるのが「プロ野球選手」であってほしい―千葉...

千葉ロッテの指揮を執る井口資仁監督は、現役時代から今に至るまで「愛基金」という基金を通じて、寄付、野球教室の開催、小児病棟などへの慰問といった様々な社会貢献活動を行なっています。井口監督に、こうした活動をはじめたきっかけなどについて話を聞きました。