• 新型コロナウイルス
柔道

視力を失った柔道家が伝えたい「人の可能性を見せる」パラリンピックの魅力

東京オリンピックの閉幕からおよそ2週間。8月24日にパラリンピックが開幕を迎えた。柔道家として2008年のパラリンピックに参加した初瀬勇輔さん(視覚障害者柔道)は様々な困難に向き合い、その都度絶望から這い上がってきたからこそ、パラリンピックが今の世の中に「可能性」を示すことができると語る。

野球

日本のスポーツ観戦が元通りになる日は来るのか?木曽崇(国際カジノ研究...

新型コロナウィルスの感染拡大防止を目的とした観客数の制限や移動の制限などはスポーツの世界にも大きな影響をもたらしている。果たして、日本のスポーツ産業はどうすれば復活するのか。カジノの専門研究者であり、レジャー産業の第一人者である木曽崇氏にうかがった。

柔道

視力を失った柔道家が伝えたい「人の可能性を見せる」パラリンピックの魅力

東京オリンピックの閉幕からおよそ2週間。8月24日にパラリンピックが開幕を迎えた。柔道家として2008年のパラリンピックに参加した初瀬勇輔さん(視覚障害者柔道)は様々な困難に向き合い、その都度絶望から這い上がってきたからこそ、パラリンピックが今の世の中に「可能性」を示すことができると語る。

その他

「東京五輪は、何を犠牲にしたのか」今こそ知ってほしい。ある専門家の独白

カジノの専門研究者である木曽崇氏があえて東京オリンピック(五輪)開会式前に行った提言、多くの我慢と犠牲を強いられている様々な産業の現状、さらにはウィズコロナのなかで生きていくために必要なことなど、多岐にわたってインタビューでお伺いした。