• HOME
  • 記事
  • 卓球
  • 初のインハイベスト4、エースは全日本王者撃破 静岡学園卓球部で選手が着実に強くなるワケ

初のインハイベスト4、エースは全日本王者撃破 静岡学園卓球部で選手が着実に強くなるワケ

卓球インタビュー 初のインハイベスト4、エースは全日本王者撃破 静岡学園卓球部で選手が着実に強くなるワケ

2021.11.23 取材・文:山下大志(ラリーズ編集部)
今、高校男子卓球界で、静岡学園高校卓球部が熱い。

2021年全日本卓球選手権では、当時高校2年生だった鈴木笙(静岡学園高)が、前回大会一般男子シングルス王者の宇田幸矢(明治大学)を下し話題を呼んだ。さらに2021年のインターハイ男子学校対抗では、静岡県勢男子初のベスト4に入った。

近年、急速に力を伸ばし、着実に実績を積み重ねている静岡学園の強さには何か理由があるはずだ。静岡市にある静岡学園卓球部の練習場に潜入し、強さの源を探った。

静岡学園
【静岡学園高校卓球部】静岡県の卓球強豪校。2021年のインターハイ学校対抗では初のベスト4に入った。エースの鈴木笙は、全日本選手権一般シングルスで前回王者を下す金星をあげた。卒業生は、川上尚也(早稲田大)、渡井丈人士(駒澤大)、手塚元彌(法政大)、後藤世羽(専修大)ら関東の強豪校で活躍する選手たちを輩出している。このページの目次

  • [6 【特集】潜入・高校卓球部]()

静岡学園の強さの裏には「能力値を上げる指導」

寺島監督
写真:静岡学園高校卓球部の寺島大祐監督 沼津東高校から筑波大学を卒業後、すぐに静岡学園に着任 今年で17年目になる/撮影:ラリーズ編集部――今回はずばり“静岡学園の強さ”を探りに来ました。 静岡学園の選手たちが着実に強くなるのはなぜだと考えてますか?

寺島監督:2つあると思っています。 1つは「数値で見える能力値を上げる意識」と、もう1つは「新しいことを取り入れる柔軟さ」ですね。

――1つ目の能力値についてはどういうことでしょうか? 寺島監督:卓球の技術は、スタイルや用具によっても変わるので複雑で、アプローチするのは難しい部分です。 逆に「球の回転量が多くなる」とか「今まで届かなかったボールに飛びつける」とかは、基礎能力が上がれば向上します。「能力が上がればできることも増える」という考えでアプローチして、ボールの質やフィジカルといった“能力”を上げる部分はこだわって指導しています

鈴木笙
静岡学園で大きく成長したエースの鈴木笙(3年)――数値で見ることを意識しながら、基礎能力を上げていくと。 寺島監督:数値で見えた方が指導する側もされる側もわかりやすいです。トレーニングでは、体成分分析装置で自分の筋力が以前からどう変わったのかを数値で比較しています。 高校卓球という器の中で技術や戦術を突き詰めるのではなく、まずは「能力を上げる」と大きく捉えているので、高校卒業後に伸びてくれる素材作りにも繋がっていると思います。

静岡学園
練習中には負荷の高い多球練習を行うコマも
googletag.cmd.push(function() { googletag.display(‘div-gpt-ad-1579223839841-0’); });

関連記事