• HOME
  • 記事
  • 卓球
  • 卓球男子日本、台湾に惜敗で決勝に進めず 戸上/早田は準決勝で五輪代表に挑む<アジア選手権>

卓球男子日本、台湾に惜敗で決勝に進めず 戸上/早田は準決勝で五輪代表に挑む<アジア選手権>

国際大会 卓球男子日本、台湾に惜敗で決勝に進めず 戸上/早田は準決勝で五輪代表に挑む<アジア選手権>

2021.10.02 文:ラリーズ編集部
<アジア選手権2021 日時:9月28日~10月5日 場所:カタール・ドーハ>

1日、アジア選手権は4日目を迎え、男子団体の決勝トーナメントの準決勝、女子シングルスと男子ダブルスで1回戦、混合ダブルスの準々決勝までが行われた。男子団体準決勝で日本は台湾に2-3で敗れ、決勝進出とはならなかった。

男子日本は難敵に惜敗

木造勇人
写真:木造勇人(愛知工業大)/撮影:ラリーズ編集部男子団体の準決勝に出場した日本は台湾と熱戦を繰り広げた。第1試合に登場した木造勇人(愛知工業大)は、東京五輪代表である陳建安(チェンジェンアン)と対戦した。左利き対決となったが、陳建安のドライブが得点につながり、3-0で陳建安が制した。続く第2試合では、戸上隼輔(明治大)が黄彦誠(ハンヤンチェン)相手に攻めの姿勢を貫き、3-0で勝利して1-1と並んだ。

篠塚大登
写真:篠塚大登/撮影:ラリーズ編集部3番手に登場した篠塚大登(愛工大名電高)は馮翊新(フェンイーシン)に第1ゲームを取るも逆転を許し、1-3で敗れた。後がない日本は、4番手の木造が黄彦誠に3-1で勝利して2-2と並び、勝負は5番手に託された。5番に登場した戸上は陳建安との対戦となった。

写真:世界選手権選考会での戸上隼輔(明治大学)/撮影:ラリーズ編集部
写真:世界選手権選考会での戸上隼輔(明治大学)/撮影:ラリーズ編集部第1ゲームを戸上が取るも、第2、第3ゲームを陳建安が取って台湾の決勝進出に王手がかかった。第4ゲームも陳建安の流れであったが、後半から戸上のバックハンドが冴えわたり11-9で最終ゲームにもつれ込む。しかし、戸上の追い上げから陳建安が逃げ切る形で最終ゲームを制し、台湾の決勝進出が決まった。

張禹珍
写真:張禹珍(チャンウジン・韓国)/提供:ITTF後に行われた男子団体決勝の韓国対台湾の試合では、第1試合で張禹珍(チャンウジン・韓国)が陳建安に3-1で勝利。2番手で荘智淵(チャンチーユエン・チャイニーズタイペイ)が白星を挙げて1-1と並ぶが、3番手の安宰賢(アンジェヒョン・韓国)が馮翊新に勝利、そして4番手でエースの張禹珍が荘智淵を3-0で破り、韓国の優勝が決定した。

関連記事