• HOME
  • 記事
  • 卓球
  • 全日本ジュニア女王・大藤が3冠 男子は上宮が団体出場へ<卓球・インターハイ大阪府予選>

全日本ジュニア女王・大藤が3冠 男子は上宮が団体出場へ<卓球・インターハイ大阪府予選>

国内大会 全日本ジュニア女王・大藤が3冠 男子は上宮が団体出場へ<卓球・インターハイ大阪府予選>

2021.06.29 文:ラリーズ編集部
<全国高校総体卓球競技大阪府予選会 6月4~6日、11~13日、18~20日、25~26日>

第90回全国高等学校卓球選手権大会(以下、インターハイ)が2021年8月12~17日の日程で富山市総合体育館で開催予定されている。それに伴い、全国各地でインターハイ予選が開催されている。

6月4~6日、11~13日、18~20日、25~26日には、大阪府でインターハイ男女団体・シングルス・ダブルス予選が実施され、2021年全日本選手権ジュニアの部優勝の大藤沙月(四天王寺)が3冠を達成。男子団体では御内健太郎(シチズン時計)、濵川明史(関西卓球アカデミー)を輩出した名門・上宮高校が出場権を獲得した。

松井智毅
写真:松井智毅/撮影:ラリーズ編集部また、男子団体では、全国選抜2部シングルスベスト16の松井智毅擁する公立の北野高校がベスト4に入賞し、インハイ出場に迫った。

結果は以下の通り。

インターハイ団体戦出場校

中森帆南
写真:中森帆南/撮影:ラリーズ編集部男子:上宮
女子:四天王寺

関連記事