• HOME
  • 記事
  • 卓球
  • 進徳女子が代表枠独占 男子は近大附福山が強さ見せる<卓球・インターハイ広島県予選>

進徳女子が代表枠独占 男子は近大附福山が強さ見せる<卓球・インターハイ広島県予選>

国内大会 進徳女子が代表枠独占 男子は近大附福山が強さ見せる<卓球・インターハイ広島県予選>

2021.06.13 文:ラリーズ編集部
<令和3年度 第70回広島県高等学校卓球選手権大 5月8、9、29、30日>

第90回全国高等学校卓球選手権大会(以下、インターハイ)が2021年8月12~17日の日程で富山市総合体育館で開催予定されている。それに伴い、全国各地でインターハイ予選が開催されている。

5月8、9、29、30日には、広島県でインターハイ男女団体・シングルス・ダブルス予選が実施され、男子では近大附福山、女子では進徳女子がインターハイ団体出場を決めた。

男子では近大附福山勢が強さを見せる中、中野友貴・森岡壱星(県立広島商業)がダブルスで優勝を飾った。

結果は以下の通り。

インターハイ団体戦出場校

男子:近畿大学附属広島高等学校福山校
女子:進徳女子

インターハイシングルス出場者(男子)

1位 端野天斗(近畿大学附属広島高等学校福山校)
2位 山手裕太(近畿大学附属広島高等学校福山校)
3位 石原匠(武田高校)
4位 廣谷洋大(近畿大学附属広島高等学校福山校)

インターハイシングルス出場者(女子)

1位 立川朋佳(進徳女子)
2位 東川陽菜(進徳女子)
3位 大西友佳(進徳女子)
4位 工藤真桜(進徳女子)
5位 藤原優(進徳女子)

インターハイダブルス出場ペア(男子)

1位 中野友貴・森岡壱星(県立広島商業)
2位 端野天斗・吉野一(近畿大学附属広島高等学校福山校)

関連記事