サッカー,ブラジル

ブラジル代表ネイマール選手の凄さとワールドカップ優勝の可能性

現代サッカーにおけるベストプレイヤーの1人であるネイマール選手は、年齢的にもベストな状態でカタールワールドカップを迎えます。

FIFAランキング1位のブラジルはもちろん優勝候補の筆頭で、その国のエースであるネイマール選手には特に大きな期待が掛けられています。

所属クラブであるパリサンジェルマンでも、エムバペ選手やメッシ選手と共にチャンピオンズリーグでの初優勝への期待がされています。

ネイマール選手のプレーは、どういった部分が秀でているのでしょうか?

この記事では、そんな「ブラジル代表ネイマール選手の凄さとワールドカップ優勝の可能性」について解説していきたいと思います。

ネイマール選手の経歴

ネイマール選手は、1992年2月5日生まれの30歳です。

実の父も元々はプロサッカー選手であり、その影響もあり幼少期からフットサルとストリートサッカーに没頭していました。

サントスFCのユースに二入団すると、17歳という若さでサントスのトップチームに昇格したのです。

才能豊かな選手の多いブラジル国内でもその輝きは別格で、10代ながらすでにヨーロッパの複数のビッククラブが獲得を狙っていました。

順調にキャリアを積み、2011年には南米年間最優優秀選手賞を受賞するなど南米ナンバーワン選手として君臨します。

2013年5月にヨーロッパ屈指のメガクラブであるFCバルセロナに移籍すると、メッシ選手やシャビ、イニエスタと魅力的なサッカーを展開していくのです。

特に2014—2015シーズンのネイマール選手とメッシ選手、スアレス選手の3トップは長いサッカー史の中でもトップクラスの破壊力で、チームとしてスペイン史上最高の公式戦122得点を記録しました。(ネイマール選手は39得点)

この年はラ・リーガとコパ・デル・レイ、チャンピオンズリーグの三冠を達成し、FIFAクラブワールドカップでも優勝したのです。

2017年8月にはフランスの強豪パリ・サンジェルマンへと移籍します。

フランスの至宝エムバペ選手と共に大活躍しリーグ3連覇を果たすなど、国内では圧倒的な強さを誇りますが、チャンピオンズリーグでは準優勝が最高位となり、念願の初優勝を掴めずにいるのです。

現在はバルセロナでも共にプレーしたメッシ選手もパリサンジェルマンに移籍し、世界最高の選手が3人も揃っている状況となっています。

ブラジル代表としては、2011年の初招集依頼ブラジル代表の顔としてプレーし続け、116試合出場70得点をマークしています。

しかし、母国で行われた2014ブラジルワールドカップで4位、そして2018年ロシアワールドカップではベスト8となり、ワールドカップを掲げるという夢はまだ実現していません。

ネイマール選手の凄さ

ネイマール選手は、間違いなくその実力は世界でもトップクラスで、2022カタールワールドカップで優勝できればバロンドール獲得も夢ではありません。

そのプレーの凄さをいくつか挙げていきましょう。

重心の逆を突くドリブル

ネイマール選手は、フットサル出身の選手だけあってテクニックが抜群です。

そのテクニックだけでもヨーロッパで通用するレベルであると言えるでしょう。

しかし、ネイマール選手の場合には、「ディフェンダーの重心の逆を突くドリブル」が非常に上手いので、一瞬で完全に抜き去ることができるのです。

しかも意図的に相手の重心をずらすようにボールをわざとさらすので、駆け引きの部分でも超一流だと言えるでしょう。

動きの柔らかさ

ネイマール選手は、スピードもかなり速い選手ですが、動きが柔らかいので直線的なプレーだけでなく、緩急を付けたり相手のタックルをいなしたりするプレーも非常に上手いのです。

相手にプレッシャーを掛けられてボールを取られそうになっても、その柔らかさで相手を回避することもできます。

トラップの上手さ

ブラジルの選手は非常にトラップが上手い選手が多いですが、ネイマール選手はその中でも特に上手い部類に入ります。

まるで足とボールに磁石が付いているかのようなトラップは、芸術の域に達しています。

自由自在にトラップができるので、次へのプレーを誰よりも早く行うことが可能なのです。

圧倒的なオーラ

パリサンジェルマンで一緒にプレーするメッシ選手やエムバペ選手にも同じことが言えますが、サッカー選手として圧倒的なオーラがあるので、対峙したディフェンダーは「この選手は止められる」という精神状態ではなく、「いつかやられる」という精神状態になってしまいます。

その圧倒的なオーラゆえに飛び込みにくくなり、対応が後手となってしまうのです。

その1つ1つのプレーで観客を沸かすことができ、チームに勢いをもたらすことができます。

関連記事