板倉滉,サッカー,ワールドカップ

森保ジャパン、守りの要に名乗り 「第3の男」板倉滉の強さとは?

板倉滉(Photo by Christian Verheyen/Borussia Moenchengladbach via Getty Images)

2022年11月から行われるカタールワールドカップ(W杯)で日本はE組に入り、ドイツ、コスタリカ、スペインという世界の強豪国を相手に戦いを挑む。そこで、サムライブルーの一員として本大会での活躍が期待される選手たちにスポットを当てて、そのキャリアを振り返っていきたい。今回紹介するのは今季からドイツ・ブンデスリーガ1部のボルシアMGにステップアップを果たし、吉田麻也、冨安健洋に次ぐ存在として日本代表でも評価を高めるディフェンダー・板倉滉(いたくらこう)だ。(文・井本佳孝)

J屈指の名門・川崎ユース出身

1997年生まれの板倉は神奈川県横浜市出身の25歳。Jリーグ屈指の名門川崎フロンターレの下部組織で育ち、2015年にトップチーム昇格を果たした。選手層が厚い川崎ではトップに定着できなかったが、2018年にベガルタ仙台へのレンタル移籍でJリーグでの経験を積んだ。そして、2019年1月にはイングランド・プレミアリーグの強豪マンチェスター・シティに完全移籍を果たした。

その後レンタルで加入したオランダ・エールディビジのフローニンゲンでは、加入初年度こそ出場機会に恵まれず苦しい時間を過ごしたが、2019-20シーズンからはポジションを掴み、最終ラインの一角としてレギュラーに定着する。そして迎えた2020-21シーズンにはリーグ戦34試合に出場するなど活躍が評価され、同クラブでは堂安律(2017-18シーズン)以来日本人2人目のクラブ年間MVPに輝いた。

2021年夏にはドイツのシャルケに加入し、ブンデスリーガ2部に戦いの場を移す。すると、前年度に2部降格した名門の復権を担う1人としてシーズン通してレギュラーとして活躍し、31試合の出場し4ゴールと守備だけでなく攻撃面でも結果を残した。シャルケの1年での1部復帰と2部優勝に大きく貢献した板倉に対して、同クラブは完全移籍での獲得を希望したが経済面で断念。今夏複数クラブが興味を示した板倉はブンデスリーガ1部のボルシアMGに完全移籍で加入している。

高さと足元の技術を兼ね備える

板倉の持ち味は対人守備の強さで、相手から入った縦パスを刈り取るディフェンスや、相手FWとのぎりぎりの攻防で見せるスライディングなど、ダイナミックでスケールの大きなプレーが特徴だ。

また、186cmと身長にも恵まれており空中戦でも強さを発揮し、セットプレー時には高さを活かしたヘディングでも強さを発揮する。ボルシアMGのリーグ開幕戦となったホッフェンハイム戦では早速アシストを記録するなど、その特徴を存分に活かしたプレーを新天地で見せつけている。また、パスワークを持ち味とする川崎出身選手らしく足元の技術にも長けており、後方から中盤、またはフォワードへと鋭いパスを供給する。さらに、CBだけでなくボランチでもプレーが可能で、中盤から最終ラインにかけてをカバーできるマルチな能力も板倉にはある。

毎年着実に成長を果たし評価を高めている板倉にとって、初の5大リーグの1部カテゴリー挑戦となるボルシアMGでどのようなシーズンを過ごすかは、今後の自身の評価を左右する上で大きなターニングポイントとなる。W杯で対戦するドイツ代表の主力が所属するバイエルン・ミュンヘンや、かつて香川真司が所属した名門ドルトムント、近年そのアグレッシブなスタイルで上位に定着したライプツィヒなど欧州でも名高いチームとの戦いに挑む。フローニンヘンやシャルケで見せてきた年間を通した安定したパフォーマンスをカテゴリーが上がった環境で披露できるかは、さらなるキャリアを切り開く上で求められる。

吉田、冨安とのレギュラー争いに挑む

吉田麻也,選手会長,サッカーワールドカップ,W杯
吉田麻也(Photo by Pablo Morano/MB Media/Getty Images)

ユース年代から各世代の日本代表に名を連ねてきた板倉は、2019年に若手中心で構成されたコパ・アメリカ(南米選手権)に挑む森保ジャパンに選出され、第2戦のウルグアイ戦でA代表デビューを果たした。また、昨夏の東京五輪でも中心選手として出場しベスト4進出に貢献すると、アジア最終予選の中国戦、サウジアラビア戦では吉田、冨安を欠く“緊急事態”にスタメンに抜擢され完封勝利。続くサウジアラビア戦でも冨安に代わり最終ラインの一角を担うなど、最終ラインの救世主としてW杯本大会出場に貢献した。

現状の森保ジャパンにおいて、センターバックのレギュラーは主将の吉田とアーセナルでプレーする冨安がファーストチョイスである。しかし、前者はベテランに差し掛かっており、後者は故障による離脱が少なくない選手で、コンディションに不安を残している。そんな中、ここ数年海外で安定したプレーを続け、日本代表でも存在感を高めている板倉が最終ラインのレギュラーを掴み、11月のW杯本大会でプレーしてもおかしくはない。クラブでのパフォーマンスや9月に行う欧州遠征の出来によってはCBの序列を上げる可能性は十分にあるだろう。

2018年に発足した森保ジャパンで吉田、冨安が君臨してきた日本代表の最終ラインにおいて、クラブ、代表で実績を重ねた25歳が“第3の男”として台頭した。今夏ドイツ1部に新天地を求め、充実の時を過ごす板倉がW杯で日本のレギュラーを掴みとるのか。残り数ヶ月を切った生き残りをかけた戦いに挑んでいく。

関連記事