柴崎のミスは、森保“委任戦術”の必然?変化に対して脆弱な日本

■目次
「ジャパンズウェイ」を探る森保ジャパンの「委任戦術」
サウジの有能なポジショナルプレーと、その不備
分析に基づく備えと、典型的な「森保ジャパンの試合」
問題1:サウジへの襲撃は、計画的反撃を受ける危険をはらんだ
問題2:サウジのプレッシングの変化に委任戦術で対応できず
森保監督が退任しても委任戦術の流れが絶えることはない

文=五百蔵容
写真=高橋学

※記事内の表記
DH=ディフェンシブハーフ
SH=サイドハーフ
CH=センターハーフ
SB=サイドバック
CB=センターバック
CF=センターフォワード

森保一監督率いるサッカー男子日本代表は、2022年カタールワールドカップ・アジア最終予選で全10節中4節を消化し、2勝2敗の勝ち点6でグループBで4位につけています。

全勝で首位のサウジアラビア(勝ち点12)、2位のオーストラリア(勝ち点9)の後塵を拝し、W杯本戦ストレートインとなる2位以内どころか、プレーオフ進出に回る3位にすら届いていない状況。ホームで宿敵オーストラリア代表に勝利したとはいえ、11月のシリーズで最終予選は中盤戦に入りますから「まだまだ序盤」とも言ってはいられません。

今回は、日本代表の「委任戦術」戦略を検討する観点から、10月のサウジアラビア戦・オーストラリア戦を1試合ずつ振り返り、そこに現れた特徴、問題点を精査。11月のアウェイ連戦、来るベトナム戦・オマーン戦における「委任戦術」戦略の働きへの見通しをクリアにしたいと考えています。

「我々の代表が、どんな狙いで何をしようとしているのか」。外部からでもできうる限りそれを正確に捉え、白いものを「黒くないからダメだ」などと言わず、実態に基づく分析、批判、提言を行っていく。苦しいときこそ、我々観客、サポーターの側からもそういった地道なアプローチが必要になるのではないかと信じます。

関連記事