• HOME
  • 記事
  • その他
  • 山もサブスク化!?都心から1時間ちょっとで通える会員制アウトドアフィールドが東京・檜原村にオープン

山もサブスク化!?都心から1時間ちょっとで通える会員制アウトドアフィールドが東京・檜原村にオープン

樹木に囲まれた本格派アウトドアフィールド 2021年10月、都心から一番近い”村”東京・檜原村に誕生した会員制アウトドアフィールド「MOKKI NO MORI(モッキノモリ)」。プロの林業家により整備された広大な4つのフィールドが、年会費を払えば何度でも無料で使えます。入会希望者に向け、2022年3月まで、定期的に見学会も開催中。キャンパーなら誰もが憧れる「入場無料、チェックイン・アウト時間の制限なし」のアウトドアフィールド、その魅力を紹介します!

目 次

  • [個性の違う4つのフィールドからなる「MOKKI NO MORI」]()
  • [最も広大な「モッキノモリ」のメインフィールド「KIKORI FIELD」]()
  • [広葉樹と沢に囲まれた静かなフィールド「SENGEN FIELD」]()
  • [檜原村の北エリアを流れる北秋川の源流にある「FUJIKURA FIELD」]()
  • [インフラが整った1500平米のプライベートフィールド「MOKKI BASE CAMP」]()
  • [フィールド見学会に参加して「MOKKI NO MORI」の会員になろう]()

個性の違う4つのフィールドからなる「MOKKI NO MORI」

素晴らしい眺望も自慢の1つ器や土器と共に縄文時代に生まれた木器(もっき)、山の中に根を下ろした“キ”が、森を出て人の手に渡ることで“モク”となる過程そのもの。そこから着想を得て名付けられたのが、東京・檜原村にある「MOKKI NO MORI(モッキノモリ)」。木に触れ、森にわけ入り、山に浸りながら、生きることを見つめ直す「会員制アウトドアフィールド」として生まれました。

「モッキノモリ」は、林業事業者の生産林や、山主が持て余している山林の集合体。アウトドア人気が高まっている今、会員制フィールドとして運用することで、使いみちのなかった山林に新たな価値を生み出しました。都市部に住む人々と自然との距離を近づける「新たな道」として注目されています。

最も広大な「モッキノモリ」のメインフィールド「KIKORI FIELD」

最も大きなメインエリア「KIKORI FIELD」「モッキノモリ」を構成するのは、檜原村にある計約45haの4つのフィールド。メインとなるのが、展望の良さが特徴の「KIKORI FIELD(キコリフィールド)」。

檜原村の代表的な観光スポット「払沢の滝」の上流部に位置し、広葉樹が残る自然林と、杉やヒノキなど針葉樹の人工林が広がります。 今後未活用な山林も新たなフィールドとして整備予定森林作業道をハイキングトレイルとして利用。森の中を移動しながら敷地内の各所で寝床を見つけ、煮炊きを楽しめるようにしています。上下水道や電気などのインフラはありませんが、渓流へのアクセスは抜群。会員専用のレストスペース「森のラウンジ」を整備するほか、大自然の水や風の流れを利用した「風の縄文トイレ」を用意。不便さを楽しみながら、人間が野生の中で生きる力を取り戻すためのフィールドとなっています。## 広葉樹と沢に囲まれた静かなフィールド「SENGEN FIELD」

様々な木々が心地よい比較的なだらかな地形のエリア2つ目の「SENGEN FIELD(センゲンフィールド)」は浅間嶺ハイキングコース沿いにあり、広さは13.5haほど。雑木林を活用したフィールドで、クヌギやナラなどの広葉樹に囲まれた比較的なだらかな地形が特徴です。

敷地内を流れる「セト沢」は払沢の滝につながっています。敷地の上流には、江戸時代から続くかやぶき屋根の古民家そば店「峠の茶屋 瀬戸沢」も。眺望が開けているため、歩きやすく、登山客からの評判が高いハイキングフレンドリーなフィールドです。 山々から覗く雄大な空を眺めながらキャンプを楽しんでも◎種類の豊富な樹木が茂っているため、ブッシュクラフトを満喫するのにも最適。爽やかな雰囲気が魅力のエリアとなっています。## 檜原村の北エリアを流れる北秋川の源流にある「FUJIKURA FIELD」

リバーサイドエリアと沢エリアといった2つのエリアに分かれる 川遊びなども自由に楽しめる檜原村の奥地「藤倉」地区にある北秋川沿いに位置するのが「FUJIKURA FIELD(フジクラフィールド)」。比較的平坦で、川遊びも楽しめる「リバーサイドエリア」と、杉林の中に入り込む静かな「沢エリア」に分かれており、合計で6.6haもの広さがあります。奥山の雰囲気が楽しめる「沢エリア」では、直火も可能。## インフラが整った1500平米のプライベートフィールド「MOKKI BASE CAMP」

インフラ完備で初級者でもキャンプを楽しめる「MOKKI BASE CAMP」最後の「MOKKI BASE CAMP(モッキベースキャンプ)」は整備されたテントサイトが広がるエリア。他のフィールドとは異なり、電源や水道、トイレが完備されているため、一般的なキャンプ場と同じような感覚で宿泊できるプライベートフィールドとなっています。裏山で薪拾いをしつつ、空気が澄んだ日には都心のビル群を一望できる、まさに都会と自然が融合したキャンプエリアです。1日1組限定という特別感もポイント。## フィールド見学会に参加して「MOKKI NO MORI」の会員になろう

会員向けのワークショップなども多数用意「モッキノモリ」は会員制のため、混雑とは無縁。アウトドアをゆったりと楽しめるのが大きな魅力です。会員向けサービスとして、アウトドアのスキルアップ講習会や山仕事が学べるプログラムも用意されています。

会員になるためにはフィールド見学会への参加、もしくは会員同伴でのビジター利用が必要。見学会では、紹介した4つのフィールドを現地で見学しながら、利用にあたっての注意点やルールの説明を受けられます。 都心からすぐとは思えない素晴らしい景色も楽しめる会員費は、シングル会員が年110,000円(税込)、ファミリー会員が年132,000円(税込)。年会費以外にフィールド利用料はかかりません。どちらも月額換算で1万円前後。月に何度もキャンプに行く人にとっては、決して高くありません。ハイシーズンの混雑を避け、優雅で自由なアウトドアライフを楽しんでみてはいかがでしょうか?

【フィールド見学会 基本情報】
開催日時:2021年12月16日(木)、19日(日)、2022年1月20日(木)、23日(日)、2月17日(木)、20日(日)、3月17日(木)、20日(日)
参加費:3,000円(弁当付)/人
申込みはこちら:
[12月開分まで]モッキノモリ フィールド見学会
[1、2月開催分]モッキノモリ フィールド見学会

モッキノモリの詳細はこちら:モッキノモリ

関連記事