• HOME
  • 記事
  • その他
  • 秋のおでかけは車中泊で!今年の秋は、家族でもっと自由にアウトドアを楽しもう

秋のおでかけは車中泊で!今年の秋は、家族でもっと自由にアウトドアを楽しもう

PR

車中泊を楽しむ家族 暑さもやわらぎ始め、もうすぐで秋の行楽シーズンが到来します。今秋の家族での新しい過ごし方として、脚光を浴びているのが車中泊。人との接触する機会を減らしながら、家族だけのお出かけを楽しめます。家族での楽しみ方や、初めての車中泊で必要なアイテムやポイントを紹介します!

LINEの友だちを追加## 秋に始める家族の新しいお出かけスタイル

おでかけには、「車中泊」という新しい家族の楽しみを!

[]() 家族での泊まりがけのお出かけは、いつでも、どこでも思い出になるもの。人との接触をなるべく避ける必要のある今年の秋は、キャンプとともに、家族での「車中泊」も注目を集めています。

車中泊は、車の中に寝具やクーラボックスを持ち込み、寝泊りすること。テントで寝るキャンプとは異なり、天候の影響を受けづらく、ホテルや旅館のような時間的な制約がないのも魅力です。そろえるべきアイテムを知って、今年の秋は家族で自由きままな旅に挑戦してみましょう!

夏の暑さがひと段落した今が、始めどき

[]() 夏の暑さのピークが過ぎてきたこのごろ。人出の多い場所は避けながらも、秋の行楽シーズンの計画を考え始めている家族も多いのではないでしょうか。そこで脚光を浴びているのが、車中泊。公共交通機関とは違い、移動中は接触を最小限に抑えられるので安心感があります。過ごしやすくなってきたこれからの季節なら、初めての車中泊も快適。車中泊のいろはを見ていきます!

初めての車中泊、どこで泊まる

車中泊向けの施設が安心

[]() 車中泊はどこでもできそうなイメージがありますが、観光地の駐車場でトイレが夜間に使えなかったり、住宅街のそばなら、近隣の住民から警察に通報が入る可能性も。さらに、人通りの少ない場所だと防犯面の心配もあります。

道の駅やサービスエリアやパーキングエリアで車中泊ができると思われがちですが、原則的に「仮眠」のみが認められている施設がほとんど。自由な旅ができる一方で、宿泊先の事前の確認は必要です。

オートキャンプ場で焚き火やBBQを満喫!

車が乗り入れできるオートキャンプ場であれば、トイレや洗い場の施設が整っており、快適に車中泊ができます。さらに一般的なキャンプと違ってテントを設営、撤収する手間も不要。悪天候時に雨が降る中で作業をする必要もなく、快適に次の目的地に向かえます。

キャンプ場で宿泊して楽しめるのが、焚き火やバーベキュー。場所によっては川遊びや釣りなどのアクティビティも楽しめます。単に宿泊するだけでなく、その施設での子供とのレジャーを楽しみたい人に向いています。

車中泊専用のRVパークとは?

[]() 車中泊の場所として存在感を高めているのが、RVパーク。車中泊を安心、安全に楽しむために管理され、日本RV協会が認定した施設です。温泉施設の駐車場の一画に専用の区画が整備されていることが多く、有料で快適に車中泊ができます。通常の駐車場よりもゆったりとしたスペースが確保され、場所によってはテーブルやイスを出して外でゆったりと過ごせます。

24時間利用できるトイレはもちろんのこと、ほとんどのRVパークには入浴施設があり、宿泊には十分な設備が整っています。ごみ捨て場や電源もあり、家庭用の調理器具にも対応できます。

今回の撮影で使用したRVパーク

[]() ▲横浜のランドマークタワーを望む高台にある施設

【基本情報】
施設名:横浜サニーRVパーク
電話:080-6807-0711
住所:神奈川県横浜市保土ケ谷区今井町1221
詳細はこちら:横浜サニーRVパーク

ピクニックが終わったらおうちに…帰らない?!

泊まる場所は「乗り慣れたマイカー」

[]() 家族で楽しいピクニックを終えたらそのままおうちに帰るところですが、今日は違います。乗り慣れたワンボックスタイプの愛車が今日のお宿!車中泊なら、近場のお出かけでも家族で小旅行気分が味わえます。

宿泊料がないので懐に優しい

[]() 旅行というと、ホテルや旅館に泊まることが多いはず。家族での旅行は宿代がかさみがちですが、車中泊であればホテルや旅館ほど宿泊代がかかりません。宿泊するのに十分な設備が整っていながらも、宿泊料がお手頃なので、家計を守るお母さんにとって安心な点。もちろん、週末や連休で人の混む宿泊施設に行く必要もありません。

虫が苦手な女性や子どもも安心!

[]() 慣れないキャンプだと、虫が苦手な女性や子どものストレスになることも。寝る場所の近くに苦手な虫がいると思うと、安心できずになかなか寝付けない人もいるでしょう。窓を開ける必要のない季節の車中泊であれば、虫が入ってくる心配はありません。夜も安心して寝付けます。

雨予報でも天候気にせずいける

[]() 車で寝泊りする一番のメリットは、悪天候に強い点。キャンプの場合、強い雨だと雨漏りをしてしまったり、サイトに風雨が入ってきたりします。風が強い日にはバタつくテントの音で不安な夜を過ごさなくてはならないことも。

車中泊なら、そんな心配は無用。雨の中でトイレや入浴施設に徒歩で移動するシーンもあるので、傘の準備はしておきましょう。

準備や後片付けが楽チン

[]() 車中泊は、車そのものが居間や寝室。テントやタープの設営、撤収で時間をとられることもありません。宿泊に必要なのは、マットや寝袋などの寝具のみ。あらかじめアウトドア向けのアイテムをそろえておけば、アイテムそのものがコンパクトに収納できるものが多いため、積載にも困りません。

関連記事