Smart Sports News

大谷翔平が必需品10選を紹介!一番好きな漫画に『スラムダンク』を挙げる理由とは?

UPDATE 2022/01/14

  • SHARE

大谷が必需品10選を紹介した。いずれも偉才ならではの興味深いものばかりだ。(C)Getty Images
2021年のMLB、いやスポーツ界を席巻した大谷翔平。“二刀流”スターはシーズンを通して驚異の躍動を見せ、栄えあるMVPをはじめとする賞を総なめにした。そんな華々しい活躍ぶりには、米ファッション誌も目を付けた。

今回、老舗ファッション誌『GQ』が発行した『GQ Sports』の表紙に採用された大谷。それに伴いスタイリッシュなファッションを身に繕った姿やトレーニングカットが公開。さらに同誌の公式YouTubeチャンネルでは、本人が必需品10選を紹介する7分ほどの動画がアップされ、小さくない話題となった。

動画では、まずiPadを取り出した27歳は、「その日の打席やピッチングを(試合が)終わった後に見て整理するので、欠かさずに持ってます」と説明。他にもiPadを使って漫画を読むというサムライは、「一番はスラムダンク」と挙げ、その理由をこう語った。

「単純にかっこいいなとかもありますし、自分がやってないので出来ない種目でありますし、見ていて凄いなと思うところもあるので好きですね」
続けて枕や携帯電話、アイシングマシン、バット、グローブ、スパイク、心拍計、電動エアーコンプレッション、加重アイマスクと順にこだわりポイントを含めて紹介した。二刀流ながら打率.257、46本塁打、100打点を量産したバットについては、「多分10本くらい折ったと思います」とも明かしている。

今や各方面から脚光を浴びる野球界のトップスター。2022シーズンの開幕を待ち望むファンは多いに違いない。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】世界が驚嘆する偉才・大谷翔平のキャリアを厳選ショットで一挙公開!花巻東、日ハム、エンジェルスでの活躍を振り返る

【PHOTO】“歴史的なシーズン”をホームランで締め括る!二刀流で大躍進を遂げた大谷翔平の2021年を厳選!

  • SHARE