Smart Sports News

「手が震えていた」 畑岡奈紗が米5勝目で感じた緊張感 | ゴルフのポータルサイトALBA.Net

UPDATE 2021/09/26

  • SHARE

リーダーボード

Pos 選手名 Sco 1 畑岡奈紗 -16 2 ジ・ウンヒ -15 M・リー -15 4 笹生優花 -14 D・カン -14 6 S・ルイス -12 コ・ジンヨン -12 8 ユ・ソヨン -11 L・トンプソン -11 C・チョイ -11 順位の続きを見る

緊張感あふれる優勝争いを制した畑岡奈紗をキャディのグレッグ・ジョンストンさんがねぎらう

緊張感あふれる優勝争いを制した畑岡奈紗をキャディのグレッグ・ジョンストンさんがねぎらう(撮影:GettyImages)

ウォルマートNWアーカンソー選手権 最終日◇26日◇ピナクルCC(米アーカンソー州)◇6438ヤード・パー71>

最終18番パー5を迎えた時点でミンジー・リー(オーストラリア)に1打のリード。畑岡奈紗のティショットは右のファーストカットでミンジーはフェアウェイセンター。先に打った畑岡が2オンに成功すると、ミンジーが2オンに失敗。さらに3打目も寄せきれず畑岡の優勝の確率がグッと上がった。

小柄な畑岡奈紗が280ヤード飛ばせる理由【連続写真】

ところが15メートルのイーグルパットは4メートルオーバー。このあとミンジーがバーディパットを外したため、2パットでも畑岡の優勝が決まるシーンで、バーディパットを1メートルオーバーした。「ボールを置くとき手が震えていました」と、18番のグリーン上で緊張感に襲われた。それでもウィニングパットを決めると、安堵の表情を浮かべた。

「ウィニングパットを決めたあとも現実なのか、何なのか分からなくて、だいぶ緊張していました」と振り返る1日。米ツアー5勝目、日本でも勝ち星を重ねている畑岡だが、不思議な感覚が体を襲った。伏線は初日と2日目からあった。

初日にホールインワンを達成すると、2日目にもまたまたホールインワン。米女子ツアー史上5人目となる1大会2回のホールインワンを果たした。「今週はいろいろ起こりすぎてビックリです」。3年前のこの大会では米初優勝も果たしているパワースポット。「思い出深いピナクルCCで2勝目をすることができてうれしいです」と最後には笑顔を浮かべた。

  • SHARE

RANKING

記事に関連する人気商品

FEATURED MEDIA

人気の記事