Smart Sports News

【F2第1節|試合結果&順位】昨季全勝のしながわが開幕戦でまさかの黒星。浜松、広島、神戸が白星スタート!

UPDATE 2021/05/23

  • SHARE


5月22、23日にFリーグ2021-2022 ディビジョン2の第1節が島根県立体育館と松任総合運動公園体育館で行われた。

主将・三島が終了間際に決勝弾

F1に先駆けて開幕したF2リーグ。そのオープニングマッチはポルセイド浜田vsアグレミーナ浜松の一戦になった。

共に新監督が就任したチーム同士の対戦は、開始2分26秒に試合が動いた。浜松が相手陣内でセットプレーを得ると、武田彰のボールに合わせた松本行令が右足一閃。遠目からシュートを突き刺しアウェイチームが先制した。さらに第1ピリオド15分に田中智基が、19分に名倉佑哉が追加点を決めて3点リード。第2ピリオドは浜田がパワープレーを仕掛けるがスコアは動かず3-0で浜松が勝利した。

そして、昨シーズン全勝優勝のしながわシティvs広島エフ・ドゥの試合は波乱の結果となった。第1ピリオド3分、仁井貴仁が左サイドをドリブル突破し左サイドの深い位置にいた新後司へボールが渡ると、新後がコースのないところから狙い澄ましたシュートを決めて広島が先制する。しかし10分に丹羽脩人がセットプレーからゴールを決めて1-1の同点で第2ピリオドへ。第2ピリオドは試合終盤まで同点のままでいると、しながわがパワープレーを開始。だが残り34秒に広島のキャプテン・三島光太郎がパワープレー返しを決めて広島が勝利。優勝候補のしながわは黒星スタートとなった。

しながわvs広島の試合後、松任総合運動公園体育館でヴィンセドール白山vsデウソン神戸の試合も行われた。第1ピリオド8分、白山がセットプレーから中嶋亮人のゴールで先制に成功。9分に神戸の小西雄大のゴールですぐさま同点に追いつかれるが、17分に義浦靖貴が19分に三上優貴が追加点を挙げて白山が2点をリードして第2ピリオドへ突入する。第2ピリオドは27分に神戸の山野瞭が1点を返すと34分に湯浅拓斗がゴールを決めて3-3の同点に。そして、37分にカウンターから最後は小西がこの日2ゴール目を沈めて逆転。神戸が勝ち点3を手にした。

今節の結果は以下のとおり

試合結果

時間試合結果会場14:30ポルセイド浜田 0-3 アグレミーナ浜松島根県立体育館13:00しながわシティ 1-2 広島エフ・ドゥ松任総合運動公園体育館16:00ヴィンセドール白山 3-4 デウソン神戸松任総合運動公園体育館

順位表

順位クラブ名勝ち点試合数勝分負得点失点得失点差1浜松311003032神戸311004313広島311002114白山0100134-15しながわ0100112-16浜田0100103-3

次節試合日程

5月29日(土)

時間カード会場14:00ヴィンセドール白山 vs しながわシティ松任総合運動公園体育館14:00広島エフ・ドゥ vs ポルセイド浜田大和興産安佐北区スポーツセンター19:00アグレミーナ浜松 vs デウソン神戸浜松アリーナ

<< 前の記事へ

次の記事へ >>

▼ 関連記事 ▼

  • SHARE

RANKING

記事に関連する人気商品

FEATURED MEDIA

人気の記事